福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

インプラントと入れ歯の違い

入れ歯とインプラントの比較

世の中ではインプラントが出回っており、一般歯科ではインプラントを勧めていることが多いようです。しかし、ハイレベルな外科処置が必須で、金額も高額で、またお口の中のメンテナンスもとてもに難しく、インプラントは簡単に出来る歯科治療ではございません。

失った歯を再生する治療としては、インプラントを選択する歯科医師がほとんどです。それは、入れ歯で、痛くなく噛めるようにするにはハイレベルな技術が必須で習得するのが難しいこと、インプラント治療は高額な費用が掛かり、楽に稼げると勘違いしているのです。

まさに、インプラントをたった数年保たせることはそんなに困難ではありません。しかし、長い間、インプラントを持たせるためには歯科医師のハイレベルな技術と患者さん自身が口の中のメンテナンスに対してモチベーションの維持が必要です。インプラントは当然、むし歯にはならないのですが、歯槽膿漏にはなります。間違えなく、一生持つものではございません。

最近、歯科医院の経営が厳しいという内容が、TVや新聞で報道で見たという方もいるのではないかと思われます。まれに、インプラントは簡単に稼げるため、病院経営のために残せる歯を抜歯してしまい、インプラントを無理矢理に勧める歯科医院があるそうです。

インプラントは、素晴らしい治療法であるのは間違えありません。しかし、現在の日本の歯科医療においては、インプラントは様々な問題点を抱えているではないでしょうか?

当院ではインプラントが怖い、出来ない、したくない患者様にピッタリな入れ歯をご提案します。

インプラントは、顎骨にチタン製のボルトを外科手術により埋入して、ボルトの上に被せ物を装着して、失った歯を補填する治療です。

インプラントの欠点

インプラント治療は、正しく治療すれば、歯を補填できる素晴らしい治療です。しかし、インプラントも多くの欠点もあり、全ての患者様にインプラントが相応しいとは限りません。

外科手術が伴います
顎骨の状態により治療が困難
治療費用がかなりの高額
メンテナンスが難しく、口腔環境の健康維持していくのも困難

当院は、お体の負担を抑え、危険性を無くし、治療費もインプラントより抑えることができる、精密入れ歯をお勧めしております。

  精密入れ歯 インプラント
身体的なリスク 大きなリスクはごさいません。 インプラントが腫れたすると、痛みが出てきて、インプラント体の撤去処置手術をしなければならないことがございます。インプラント体を除去すると骨がなくなってしまうため、再度、インプラント治療をすることは厳しく、また、入れ歯にする場合も安定に欠けて、難症例になってしまうのです。
身体障害・認知症になったときのリスク 身体がお元気
なときにきちんとした入れ歯を作っていると、体調が不良になった場合も、現状の入れ歯を調整して使うことができることがあります。
先々に、脳の病気などで身体障害や認知症になると、インプラントのメンテナンスがとても難しくなり普通に考えたらインプラントの撤去となります。しかし、いきなり入れ歯を使ったとしても、入れ歯事態を受けいれることが出来ず、歯がない状況で食事をしていくはめになる場合がごさいます。

入れ歯(義歯)とインプラント治療の比較表

種類 自費の入れ歯(義歯) インプラント
異物感 最初は、すぐにお口と一体化
するものではないので慣れるまで
多少時間がかかることもあります
ボルトを骨に埋め込むので
顎と骨が一体化しており
異物感は少ないです
体への負担 手術の必要がなく
体の負担はない
ボルトを骨に埋め込むので
本数が増えるごとに
体の負担が大きくなる
治療費 上下合わせても
100万円前後
全ての歯に歯を入れると
300万円〜800万円の負担
強度 精密入れ歯は、密着・吸着力は高いが、
餅や固い肉やガムなどの食べ物で、
外れることもある
ボルトを埋め込んでいるので、
ある程度の圧力に耐えられます
メンテナンス 最低1日に1回は、
一度外して入れ歯を
洗浄剤に付けるなどをして、
洗わないといけない
自分の歯と同じように
口から外さなくてよい分、
しっかり歯磨きをして
メンテナンスをする必要がある

無料入れ歯お悩み相談会