福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

健康寿命について

あなたの人生、最後の10年をどう過ごしたいですか

健康寿命という言葉があるのをご存知でしょうか?

「健康寿命」とは、健康上問題もなく日常生活が送れる期間のことをいいます。

平均寿命から健康寿命を差し引くと、男性は約9年、女性だと約12年といわれています。

誰もがきっと、最後までいきいきとした毎日を過ごしたい、健康でありたいと思われることでしょう。しかし現実は、最後のおよそ10年は介護が必要で、寝たきりの状態になってしまいます。

寝たきりで自立できない状態は、健康寿命の最大の敵といえます。

その要因の1~3位は「運動器の障害」「脳血管障害」「認知症」といわれています。

この3つは全て、歯を失い、十分に噛めなくなることと深い関係があるのです。

しっかり噛めなくなると、運動能力が低下します。しっかり噛むことで、脳に刺激が加わり、脳が活性化されていきます。

脳機能を回復させるには噛む力が強く影響していると言われています。

歯を失えば失うほど、痴呆症になり易いと言われています。

以前、施設へ訪問診療していたとき、痴呆症の方が多くいらっしゃいました。そのほとんどの方たちに共通していたことは、歯の多くを失い、大きな入れ歯だったことでした。

反対に、昔から顔見知りの近所のおばあちゃんは、とてもお元気で、歯もほとんど残っていて、入れ歯は使っていないのです。強く感銘を受けた瞬間でした。

人生最後の10年を、介護を必要とし、寝たきりの生活を送るのか、元気に孫と遊べる、笑顔の絶えない幸せな人生を送るのかということですが、誰もが最後の一日まで、健康で笑顔でいたい、幸せでありたいと願うことだと思います。

しかし、日本でそんな幸せな人生を送れる人は、ほんの1割しかいないのが現状です。およそ9割の人は、決して望まない、寝たきりで介護が必要な状態で過ごしているのです。

人生は決まっていて選べないのでしょうか?

決してそんなことはありません。歯を失ったとしても、しっかり噛むことのできる入れ歯治療をすることで、以前と変わらず噛める状態にすることが今はできるのです。

バランスよく噛めることで、健康が維持され、健康寿命を延ばすことができます。

どんな人生を送りたいと思うのかは人それぞれですが、健康で、元気に幸せな人生を送りたいと思われるのならば、しっかりと噛むことができる入れ歯治療は、価値ある選択になります。

無料入れ歯お悩み相談会