福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

インプラントの危険性について

インプラント危険性、死亡事故は防げたか?

インプラントの失敗、患者さんとのトラブルが増えて、死亡にいたるケース起こりました。

消費者センターにインプラントの相談が増えています。インプラントの不信感・不満、不安がある方が、どんどん増えてきました。

インプラントは、一般歯科と違い手術をしなければなりません。ですから、精度の高い治療を行い、可能性のある危険をしっかり把握、理解し、想定外のトラブルにも冷静かつ適切な対応をとらなければなりません。

インプラントで死亡事故がおこった原因

インプラントで患者様が死亡したケースが起きました。下顎骨に専用ドリルで穴あける処置の時に、骨を貫通させてしまい、舌の下にある動脈を傷つけたことが原因で死亡事故がおきました。

2007年7月14日 インプラント手術中に出血が止まらず、70歳女性が死亡

東京都中央区八重洲の歯科医院で5月、インプラント手術を受けた都内在住の会社員の女性が、手術中に出血し死亡したことが13日、分かった。警視庁中央署は業務上過失致死の疑いもあるとみて、遺体を司法解剖するなど捜査を始めた。

調べでは、女性は5月22日、男性院長からインプラント手術を受けている最中に出血が止まらなくなり容体が急変。すぐに別の病院に運ばれたが、特別な手当てもなく帰宅。その後再び内出血をきたし、気道圧迫により翌23日に死亡した。

警視庁は出血と死亡との因果関係を調べるとともに、手術に問題がなかったかなど、事情を聴いている。

顎の下にある動脈が損傷すると、出血がおこります。出血によって血がたまり、のどがふさがり呼吸が出来なくなります。
インプラント死亡事件は、動脈損傷による窒息が原因なのです。
このケースはまれなケースでしょうか?

動脈を傷つけることは、生命に直接関わります。下のあごの骨がやせている場合に無理やりに手術をしたりすると事故の可能性があります。

こちらの危険は事前に回避できます。ポイントとしてはCT撮影を行うことです。

CT撮影によりパノラマ撮影でわからないの骨の量や形態ついて確かな情報を知り、危険性を回避できます。
こちらの事故は、CT撮影がされてませんでした。この治療をする医師が確かな情報を収集し、治療の危険性を把握してたら、防ぐことができたかもしれません。

インプラントを行うには、CT撮影が安全な手術をするためには有効と思いますが、CT撮影は、絶対にしなければならないわけではないのですが、現状、歯科用CTがない歯科医院もあり、CT撮影なしでインプラント治療が実施しているのが現実です。

想定外トラブルに対して、適切な対応ができなかったことが原因

インプラント治療では、想定外のトラブルがおこった時に冷静で適切な行動が、インプラント専門医師には必要です。こちらの事故では、現場での対応が不適切として問題視されてます。

この事故の歯科医院から、患者さんは救急車で運ばれましたが、すでに心拍停止状態だったそうです。救急車を呼ぶのが遅くなったいうことも、死亡事故になってしまったことも考えられます。

下の顎の付近にある動脈を傷つけた時の止血は、大病院でも手術が難しいです。窒息が起こり生死にかかわることから、すぐに救急病院に運ぶべきだったと思います。

これに踏まえて、私のインプラント治療の考え方

私は、インプラントを基本否定的してました。もちろん、インプラント治療がしないわけではなく、インプラントの勉強をして経験を積んだ上での結論になります。
また、全国ではDrによる技術のなさや倫理感がないことからくる事故が多いのです。。(詳しくは、消費者センターのHPを見てください)

しかし、私はインプラント自体を反対しているのではありません。
きちんとに勉強されたDrが、適応だと判断しと患者様の体調を管理して、問題がないと行うのであれば、素晴らしい治療だと感じます。
実際、当医院に来院している患者様もインプラントを希望される人には、インプラント専門医院をを紹介しています。

しかし、骨の量や厚さなど分かりにくいパノラマX線で撮影しただけで、CTで骨量の検査がなく、でインプラント治療をするような、適当なインプラントがあって良いわけがありません。
また、歯槽膿漏の治療をきちんとせずに、歯を抜いてインプラント治療をしても、長い間機能しません。歯がなくなった原因に対する対応をしっかりして、これ以上歯を失わない様にすることが先決です。

もし、CTなどの検査せずにインプラントをしても、大抵の場合は成功すると思います。しかし、失敗した時に、身体に負担がかかるダメージが大きいことも大切なことです。
「大抵の場合成功すると思いますが、失敗した場合の影響があります」
だからこそ、失敗の確率をほとんどゼロにする技術が、Drに期待されています。

インプラントを考えている患者様には、ぜひともこのことをを頭に入れて、検討にされるようをお願いします。

成功率が仮に99%だったのとしても、自分のインプラント治療で失敗したら、意味がありませんから・・・・

無料入れ歯お悩み相談会