福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

インプラントをお考えの方へ

入れ歯

博多プライベート歯科には、お口の中ことで真剣に悩んでいる患者さまが多数来院されます。そのお悩みにはインプラントにするのがいいか? それとも入れ歯にするのがいいか?

深刻にお悩み続ける患者さまが多いのですけど、大切なのは「インプラントか入れ歯がよいか」ではなくて、しっかり咬み合わせをみながら、入れ歯にするかインプラントにするかという治療方針の違いでしかございません。

インプラントは、歯を失った顎骨に埋入する人工歯根のことを指します。

歯を失った箇所に埋入するのですが、ご自身の歯が失った原因はわかっていますか?

歯が失った原因は虫歯、歯周病、歯根破折とたくさん考えられます。しかし、こちらの疾患を引き起こす主な原因は「咬み合わせ」の可能性があります。

咬み合わせの異常を解消しなくて、インプラント治療をすると大変なことがおこる場合があります。

つまり、インプラントが、しっかり骨に固定して、動かない程、他の隣接の歯などがどんどんと抜けたり、歯をなくなっていくのに歯止めが効かなくなります。

当院は現在、インプラント治療はしていませんが、過去には、インプラント治療をしておりました。

インプラント治療は悪いものではありませんが、悪い咬み合わせの状態でインプラント治療をするのは、大変危険なトラブルを起こすかもしれません。

しかし、インプラント治療をするドクター自身が「咬み合わせの大切さ」がわからないことが多いのが現実です。

そのため、患者様には判断できないとはおもいますが、ご自身の体は自分で守っていかないといけない。という観点から見ても、「インプラントすれば、必ず噛める」など勘違いをしないようにして下さい。

まずはインプラントや精密入れ歯にしても、自由診療ですから、大切なのは「ちゃんと治って噛めるようにするにはどうしたらよいのか?」そのことだけを考えることから始めませんか?

まず、入れ歯治療をするかどうかを悩む前に、相談にいらっしゃって下さい。

私は、インプラントをしようと決めましたという患者様へ

インプラント

当然、インプラントを検討中の患者様も、博多プライベート歯科のご相談はokです。

どちらかといいますと、インプラント治療をしようと考えている患者様こそ 一度レントゲンを撮影して頂き、ご自身のお口の状態を を一度、ご覧になってもらいたいのです。

どうしてかと言いますと、入れ歯専門の博多プライベート歯科は、インプラントを失敗したり、インプラント治療ができなかったりして、インプラント専門の先生から

「もうこの状態では、インプラントは出来ません。入れ歯をどこかの歯科医院で作ってもらいなさい。」と見放された患者様が何人何人も来院してからなんです。

インプラントを失敗したり、インプラント治療が出来なかった患者さまが、なぜ、博多プライベート歯科に来院するのか?

残念ですけれど、インプラントを失敗したり、インプラント治療が出来なかった後の入れ歯製作を喜んで引き受ける歯科医院はほとんどありません。

当院は、入れ歯専門ですので、顎骨が極端に減っていった患者様の入れ歯製作の経験も、数多くあります。その中でインプラントを失敗した患者様の入れ歯製作はさらに難易度が高いと思います。

とんでもない歯ぐき、顎骨の形状をしている患者様もたくさん来院します。私たちはどうにかこうにか、患者様に及第点を頂く場合もございます。

私の考え方としては、治療するなら順序として、インプラント治療より 入れ歯治療が先行だと感じています。

このことは、当院が入れ歯専門であるので、営業トークとしてお話ししている訳ではありません。

普通に考えれば分かると思いますが、入れ歯治療でうまく行かなかった時に、その後からインプラント始めても全然遅くありませんよね。

今回、きちんと入れ歯治療もしなければならないという知識を得て 分かった上で、しっかり考えて自己責任の上にインプラント治療を選んで頂きたいても遅くはありませんよ。

まずは、一度お口の状況を見ていただき、インプラント、または入れ歯を選んでもらってもよいと思います。

インプラントにするか、入れ歯にするかでお悩みの患者様へ

悩んでいる

ある歯科医院では、「インプラントは素晴らしい」「インプラントなら何でも咬める」とアピールしています。

私 自身は、現在、インプラント治療はしていませんが、一時期、インプラントを勉強した時がごさいました。

今は、入れ歯専門の歯科としておりますが、インプラントにも造詣があります。

私は、インプラントが悪いと全く思っていません。患者様に対しても「インプラント治療がベストな場合もごさいます」と日々、お話しさせて頂いています。

事実、インプラント治療がベストと思う患者様には、必要性に応じて、インプラント専門歯科医院の先生をご紹介させてもらいます。

例えば、当初、入れ歯治療を希望されて、博多プライベート歯科にいらっしゃった患者様でも、「インプラントがベスト」という私の説明に納得し 、その後、紹介を望まれ、当院提携のインプラント専門医院にて、インプラント治療をされた患者様が 多数いらっしゃいます。

インプラントは、顎骨にドリルで穴をあけて、インプラントを埋め込む。その手法操作自体は、一般的に、難しいものではありません。

しかし、顎骨の中には神経や動脈が多数ありますので、一般歯科で撮影するパノラマという2DタイプのX線の画像では、顎骨の立体的なイメージが出来ません。歯科医院の選択を間違えると、トラブルや事故に成り兼ねません。

そのため、きちんとインプラント治療をしているドクターは、歯科用CT撮影を行い、インプラント手術前に、顎骨の状態再確認してから、オペに入ります。

何度も繰り返し、同じことをお話しして申し訳ごさいませんが、博多プライベート歯科では 当院で治療をする、しないという事は、全然考えずにご相談にお越し下さい。

当然、私は入れ歯専門でありますし、インプラントに造詣がありますので、冷静な立場で、正直かつ誠実な対応をいたしますから、ご安心下さい。

悩んだりする前に、まずは、ご相談下さい。

無料入れ歯お悩み相談会