福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

人にバレない、気付かれない美しい入れ歯

博多プライベート歯科の精密入れ歯とは

入れ歯で快適に食事ができるようにすることは大前提です。
その上でどのようにして自然で美しく製作するかが大切です!

口元の見た目はその人自身のイメージに直結している

人間は口元の見た目だけで、その人のお顔全体の印象から性格や生活習慣など、様々なイメージを膨らませます。つまり「口元の見た目はその人自身のイメージに直結している」ということを意味します。人類学者である高島士郎氏も、「顔の中でその人の品格が出やすいパーツは口元である」とおっしゃっております。

口元のコンプレックスを抱えている

「いつも笑顔で人と関わりたい」と思っていても、ガタガタな歯並びや、歯がない部分が目立ったり、劣化が著しい入れ歯や差し歯による口元のコンプレックスを抱えていると、大口で思いっきり笑ったり、堂々とお話ししたりすることができず、他人と対面することが苦痛に感じるようになってしまうでしょう。

同じように、入れ歯を使用している事自体をコンプレックスだと感じ、「入れ歯であることをわからないようにしたい」という願望をお持ちの方も、多くいらっしゃると思います。

博多プライベート歯科はそのような患者様のお気持ちを大事にしたいと考えています。一人でも多くの方のお悩みを解消できるよう、他人から入れ歯であると分からないほど自然で、歯並びや歯の色形の美しい入れ歯を製作しております。

保険の入れ歯でも食事ができているから、自分には自費の入れ歯は必要ないという方もいらっしゃいます。

一方で、どうせ入れ歯を作るなら、以前の歯を取り戻すだけではなく、以前よりきれいな歯にしたいとおっしゃり、自費の美しい入れ歯をご希望される患者様もたくさんいらっしゃいます。歯並びも色も形もキレイに思い通りに変えられることも、入れ歯ならではの利点です。

本当の精密入れ歯とは?

本当の精密入れ歯とは?

入れ歯は、形態と機能がその患者様に適合していないと使うことはできません。

入れ歯の中でも、形態と機能はもちろん見た目にもとことんこだわり、患者様お一人お一人のお口にピッタリと合う入れ歯を精密入れ歯と呼びます。その精密入れ歯を作ることができるかは、歯科医師が型取りと咬合(噛み合わせ)調整をしっかり行えるかどうかで決定します。

審美的に優れた美しい入れ歯は、多くの入れ歯を作成した経験のある歯科医師と、歯科技工士がコラボレーションすることで出来上がる芸術的な領域です。 そのような入れ歯を作るには期間や費用がかかることはありますが、多くの患者様を治療しなければ売上が上がらない保険診療の治療時間と治療費では、美しく機能的な精密入れ歯の作成は難しいでしょう。

形態美と機能美の両方を兼ね備えた入れ歯とは?

患者様の美しい歯

「形態美(審美性)と機能美(実用性)を兼ね備えたキレイな入れ歯」の作成を実現させるためには、様々な知識と技術を活かさなければなりません。

「形態美(審美性)」の実現、つまり歯並びや歯の色・形といった見た目の美しさを叶えるには、歯科医や歯科技工士のテクニックや精度の高い製作の仕組みなどが必要です。

しかし義歯は「飾り物」のように眺めるものではありませんので、見た目の形態が美しいだけでは問題があります。

ここで重要なのが、「機能美(実用性)」です。見た目をキレイに作るだけではなく、食べやすさ・外れにくさ・喋りやすさなど生活する上で欠かせない歯としての機能がしっかり果たせるように作るには、こちらにも歯科医や歯科技工士のテクニックや精度の高い製作の仕組みなどが欠かせません。

笑顔の時や食事の時など、お顔の表情や筋肉の動きも含め、「使用しているときの見た目」も他の人が診て違和感なくキレイに映ること。これは見逃せない重要な項目です。精密入れ歯において形態と機能は一体関係で、切り離せません。

精密入れ歯を製作するための取り組み

患者様が納得できる仕上がりが想像できるように、昔の写真を見せていただくことも

昔の写真

どのような歯にしたいのかというご希望を言葉で表そうとしても、なかなか説明しづらいかと思います。お話を伺ってみると、多くの方が「形はこうで、色はこうしたい」といった具体的なご希望ではなく、「歯があった頃と同じように・もしくは当時より美しくしてほしい」というご希望をお持ちです。

そこで当院では、「ご自身の歯がなくなる前の歯並びがしっかり見える写真」を持って来ていただくようお願いすることもあります。

写真があれば以前の歯並びや、笑っているときにどのくらい歯が見えていたのかという情報が詳細に見えてくるので、ご自分のイメージ通りの歯並びにより近い入れ歯を作れます。

患者様にご満足いただける入れ歯の作成には、このような術前の検査や診断が重要だと感じています。

歯科技工士立ち会いによる仮合わせ

歯科技工士立ち会い

入れ歯が完成する前に、仮で並べた人工歯を装着してみて、患者様に仕上がりをイメージしていただく「試適」の段階などに歯科医師だけではなく入れ歯を作成する歯科技工士が立ち会うことで、患者様のお口に合う入れ歯を機能と審美の両方の観点から細かく調整することができます。

博多プライベート歯科には技工室を完備しているので、歯科技工士が治療に立ち会い、患者様のお顔を実際に拝見して「お顔に似合う入れ歯」「筋肉や骨の形に合う入れ歯」を作成しています。

歯科医師が書面で技工所に指示を出す一般的な歯科医院と違い、入れ歯を作成する歯科技工士が実際に自分の目で患者様のお顔を拝見し、会話を交わしてコミュニケーションを取れることが、精密な入れ歯の作成に大いに役立っています。

リハビリ用入れ歯を製作して噛み合わせなどを再確認します

リハビリ用(治療用)入れ歯を使用

当院では審美的に意識した入れ歯を製作するために、最終的な美しい精密入れ歯が完成するまでの期間は、リハビリ用(治療用)入れ歯を使用していただいております。

リハビリ用入れ歯は顎の関節のズレや、これまで使われていなかった顔面の筋肉を本来の正しい噛み合わせの位置に戻すために使用するものです。治療中の行程で、歯並びが整った美しい笑顔になっていくことを実感していただけます。

また、歯並びがガタガタな方や、歯があまり無かった方が急にキレイな歯になると入れ歯を入れたことが周りに分かってしまう場合がありますが、リハビリ用入れ歯で噛み合わせなどを確認しながら、段階を追って最終的な精密入れ歯を製作しますので、急激な変化によって周りに知られることなくナチュラルで美しい口元を作り出すことができます。

さらに、現在の合っていない入れ歯により、歯茎に傷が付き、腫れている場合もございます。

そういった場合も、リハビリ用入れ歯を使っていただくことで、お口元の噛み合わせや筋肉の健康状態を回復してから最終的な入れ歯を製作するので、精密入れ歯が完成するまでの治療期間も、歯がない見た目のまま過ごす必要はなく、強い痛みや不具合を我慢する必要もありません。

入れ歯の材料とテクニックの質にこだわっています

人口歯


人工歯の色のサンプル

自費の入れ歯の人工歯の色のサンプルは多数あり、数種類の色の人工歯を歯の位置によって使い分けることがあります。このテクニックは歯並び全体の調和を図り、ナチュラルな色合いを出す高度な方法です。

入れ歯に使用する材料はセラミック(陶材)と硬質レジン(プラスチック)が主ですが、当院では、お顔のイメージが合う方にはセラミック製の人工歯をおすすめしています。

セラミックは硬質レジンと比較すると、衝撃に多少弱いという欠点がありますが、明かりに対してキレイに光沢して反射することにより、見た目が非常に天然歯に近いのでナチュラルで美しく出来上がります。

セラミック製の人工歯は、口紅が付きにくい

更に、セラミック製の人工歯には、プラスチックの人工歯と比べて口紅が付きにくいとい長所もあります。歯に口紅がベッタリとついてしまう歯紅にお悩みだった方、お化粧を楽しみたい方にはたいへん喜んでいただいております。

歯医者に口紅をつけていくのはマナー違反なのではないかと気を使ってくださる患者様がいらっしゃいますが、セラミックの口紅のつきにくさを実感していただくために、前述した試適の段階などであえて口紅を付けてきていただいても構いません。(もちろん普段の治療でも口紅やファンデーションは付けてきていただいて大丈夫ですよ。)

当院の精密入れ歯の人工歯に口紅がつきにくいのは、入れ歯に使う人工歯の素材の力のおかげだけではありません。「口紅が自分の歯に付きにくいように、解剖学的に考えて入れ歯の人工歯を並べていく」という熟練されたテクニックが必要なのです。

当院はその解剖学に基づき、入れ歯を歯並びからキレイで美しく、快調に使用していただくために、歯を並べていきます。

床(しょう)


違和感なく人にバレない入れ歯

歯並びや人工歯の色にこだわるのはもちろんのこと、入れ歯の床(しょう)と呼ばれる人工歯茎の見た目も細かくこだわることで、違和感なく人にバレない入れ歯になります。

入れ歯の床には、様々な素材があります

保険の入れ歯の床の素材には、レジン(プラスチック)が主に使われていますが、自費の入れ歯では柔らかくお口に馴染みやすいシリコンや、熱伝導に優れ薄く仕上げることのできるチタンなどの金属といった、様々な素材があります。その中から、症状やお悩みに応じて適している素材・治療方法を、患者様のことを第一に考えてご提案いたします。

ノンクラスプデンチャー

もちろん総入れ歯ばかりでなく、部分入れ歯もきちんと対応いたします。部分入れ歯ではバネを使わないノンクラスプデンチャーなど、患者様のお悩みに合わせた様々な入れ歯をご用意しております。

素材ごとのメリットやデメリットをきちんとご説明いたします。

歯科医師と歯科技工士が一体になり、様々なケースに対応します

昔の歯があった頃のような見た目になりたい

入れ歯を作るにあたり、「昔の歯があった頃のような見た目になりたい」というご希望をお持ちの方ばかりではございません。

「以前よりもっと白い歯にしたい」「以前よりも歯並びがガタガタでなくキレイで美しく、この女性タレントのような歯並びにして欲しい」と熱望する方もいます。

当院では出来る限り患者様のご希望に沿えるように、様々なケースにも対応するようにしています。

例えば、元の歯の並びが反対咬合や受け口で、アントニオ猪木さんのようにしゃくれて見えていた方が「入れ歯では正常な噛み合わせで、歯があった頃のようにしゃくれないようにしてほしい」と話してくださったことがありました。

その患者様は入れ歯で噛み合わせを正しい位置に戻すリハビリ治療を行った後、最終入れ歯を製作したのですが、リハビリによって正常咬合に改善し、最終的な精密入れ歯ではしゃくれの面影がまったくなくなるほど美しい仕上がりになりました。

歯科技工士が1本1本手作りで製作

また、人工歯の色のサンプルは多数ありますが、患者様のお顔立ちにより、どうしても患者様に似合う既製品の人工歯がない場合は、歯科技工士により1本1本手作りで製作していきます。

入れ歯の修正については、歯科医と歯科技工士が一体になり、詳細な修正を丁寧に行います。

時折、患者様と診察室にて、歯科医師の指示のもと、歯科技工士が立ち会いを行い、修正することもございます。

経験から培ったテクニックと知識の蓄積により、患者様に納得いただける入れ歯の修正をして行きます。

美しさを追求するための取り組み

アンチエイジングも考えています

患者様の美しいお口元

当院の入れ歯は、老若男女問わず入れ歯を使用するすべての方々にご満足いただくため、審美性にこだわりを持っていますが、そのためには「美しいお口元とは、どういったものなのか」を日々研究していかなければなりません。

そのため院長はアンチエイジングについても勉強会にて学んでいます。

歯並びがガタガタでなく、見た目にも素晴らしい入れ歯を製作するために、「キレイな笑顔」が分析できる理論を構築しております。

当院で入れ歯を新製された方々、特に女性の患者様から「人様の前に出ても全然気づかれませんよ」「大口を開けて笑えるようになりました」といった、様々なありがたいご報告をいただいております。

リハビリ用入れ歯はお口元の周り(表情筋のトレーニング)にも役立ちます

リハビリ用入れ歯による治療の中で、筋肉のリハビリや訓練も行います

お口の周りには、食事をするために使う咀嚼筋群、笑顔でお話するときのお顔の表情をあらわす表情筋群などといった数多くの筋肉があります。

歯がなくなるとしっかりと噛んでお食事ができなくなり、そのままで長い間生活していると、お口元の筋肉の動きがだんだん機能しなくなります。

入れ歯をきちんと製作することにおいて、食べ物を食べたり、きちんとお話ししたりするために、お口元の周りの筋肉のバランスを考えることも大切になります。

歯並びがキレイで美しい入れ歯を手に入れたとしても、表情筋が動いてなければ、自然な笑顔にはなりません。

治療中の様子

そこで、博多プライベート歯科ではリハビリ用入れ歯による治療の中で、筋肉のリハビリや訓練も行います。

入れ歯のリハビリなどで、お口元の周りの筋肉が活発化されると、自然に入れ歯が安定していきます。そのリハビリの中で、笑顔で会話をしたりすると、どんどんお口元の動作が流暢になります。リハビリ時に、お話する時のお口元の動作を注視し、自然に笑う姿を見て、前歯の見え方を確認し、最終的な入れ歯に反映させています。

入れ歯で人の美しさを引き立てるためには、人工歯などのパーツの美しさだけでなく、お顔の筋肉全体との調和を重視した健康美が大切だと考えています。リハビリ用入れ歯により作り上げる快適な使い心地と、蘇った表情筋の筋力アップで、再びキレイで素敵なお口元を取り戻しましょう。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

保険適応外の自費の入れ歯は、価格が高い分見た目だけにこだわったただの贅沢品ではなく、患者様の人生をより豊かにするための投資であると考えていただきたいと思っています。

私たち歯科医院も、制作期間や治療費をかけた分、保険の入れ歯と比べて良くなったと感じていただくことができるよう、技術の勉強を重ねています。

保険でも入れ歯を作ったことがなく、初めて入れ歯を作ることになった方は、不安なことがたくさんあるかと思います。不安や疑問があるときには、何でもお答えできるよう知識のアップデートにも努力を惜しみません。

患者様の不安を少しでも軽くし、快適な生活を送っていただきたいという思いで、スタッフ全員が治療にあたっています。

まずは無料のカウンセリングへお越しいただき、お話を伺わせてください。きっとあなたにぴったりなご提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら

無料入れ歯お悩み相談会