福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

選択肢を広げるために

2020-06-09

こんにちは!博多プライベート歯科です!
自宅でも最近エアコンデビューいたしました。
みなさん寝るときは冷えすぎないようにお気をつけくださいね。

 

 

歯が抜けてしまったならブリッジを作っておけば入れ歯にならずに済みますよ、と
ろくに説明もせずにブリッジを作る歯科医院が多くあることは、残念ながら事実です。

 

事前にブリッジがどのような治療で、どのようなデメリットが有るかという
知識を持っていれば、そのように提案されたとしても
よく考えて治療法を選ぶことができますね。

 

ブリッジの大きなデメリットは今残っている歯を削らなければならないことですが、
これは単に削る治療が不快という目先のデメリットだけではありません。
更に大きな問題は、ブリッジを装着した後に起こってきます。

 

ブリッジには隙間があるため、どうしても汚れが溜まりやすくなりますが、
この隙間には歯ブラシが届かないため、普段歯ブラシだけで歯磨きを済ませている方は
特に虫歯や歯周病のリスクが高まります。
それに加え、今ある歯で歯がない部分の負担を補うものなので、
支えになっている歯の負荷はとても大きく、割れたりぐらついてきやすくなってしまいます。
そのため、ブリッジの寿命はとても短くなると言われています。

 

主にこの様な理由でブリッジはおすすめしないのですが、
それでも「歯を削って済むなら入れ歯よりマシ」と考えられる方が多いので、
歯を削ることによるデメリットのお話も次の記事でさせていただきますね!

無料入れ歯お悩み相談会