福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

安定剤がなくても噛める入れ歯を

2018-11-12

紅葉シーズンになりましたね。
お出かけが増えて、外でお食事される機会も増えるのではないでしょうか。

 

入れ歯をご利用の方は、外出中、たくさんの知らない人がいる中で
入れ歯が外れてしまったらどうしよう…と不安になってしまうことはありませんか?
外れないように…と、入れ歯用の接着剤を使うと、
べたべたして気持ち悪いし、使っていてもまだ不安な気持ちもあったり、
せっかくのお出かけを心から楽しめないのは悲しいですよね。

 

入れ歯安定剤の使用は、顎の骨が痩せていく「骨吸収」の原因になるとも考えられており、
さらに入れ歯を不安定にしてしまうという悪循環に陥る場合もあります。

 

当院では入れ歯安定剤の使用を基本的にはおすすめしませんが、
口の大きさが極端に小さいため、正しい入れ歯づくりができない方などの
入れ歯安定剤の使用が必要と判断されるような患者さまに対しては、
ごく稀なケースとして使用をすすめることもあります。
ただし、その場合は歯科医師がご指導します。

 

当院は、いい入れ歯には入れ歯安定剤の使用は必要ないと考えています。
入れ歯安定剤の使用をしなくても、不具合のない入れ歯こそ、
優良の正しい入れ歯であるという認識です。

 

不安定な入れ歯でお悩みの方、当院で接着剤が無くてもぴったり合った入れ歯を作りませんか?
一度お悩みをご相談ください♪

 

無料入れ歯お悩み相談会