福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

入れ歯の治療費について(患者様からの質問)

2018-10-12

Q こんにちは 江﨑先生

以前から、むし歯になりやすく、入れ歯になり、歯がなくなりました。

過去、保険の入れ歯でうまくいきませんでした。自費といっても、費用がに気になり、歯科行くのが怖くて、とても悩んでいます。

費用はおいくらくらいになりますか?

ぶしつけな質問ですみません

A お問い合わせいただきましてありがとうございます。

現在、入れ歯でご苦労されているようで、たいへんなことと思います

歯を失った原因により、入れ歯製作の方法は変わってきます
今日のお話は、費用について・・・と言うことでお話していきます。

当院の自費の入れ歯の費用については
入れ歯の歯の本数や素材によりますが、30万円(税別)からになります。

総入れ歯になると部分入れ歯と違って、歯ぐきのみで安定させるので、入れ歯を製作するのに難しくなります。また、噛み合わせを修正するなど、手間暇かけながら製作するので、本当に食べれる入れ歯を作製するとなると、これくらいの治療費になると思います。

保険の入れ歯であれば3割で、トータルで3万円ほどで完成します。
しかし保険の入れ歯では最低限の機能でしかありませんので、見た目や入れ歯の素材の固さ、また噛み合わせ・発音についても最低限の機能になります。

入れ歯の素材の違いも影響します。入れ歯の素材が粗悪だと、入れ歯の劣化が激しく、入れ歯の作り変えが定期的に必要になります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いというと、既製品のスーツとオーダーメイドのスーツの違いがよい例です。

既製品のスーツはスーツに身体を合わせないといけないものですが、オーダーメイドのスーツはスーツが身体にぴったりと合わせてくれて、自分自身の身体の一部分になっていきます。

保険治療で、痛くて噛めず、うまくいかなかったとのことですが、入れ歯を作ることにより求められている食事ができるということにおいては、保険治療では素材の違いや製作工程も違いもあり、限界があります。入れ歯の本当の機能ができているとはいえません。

詳しくは、博多プライベート歯科のホームページを見てください。

無料入れ歯お悩み相談会