福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

入れ歯の寿命はどのくらい?

2018-08-05

今日は「入れ歯の寿命はどのくらい?」でしょうか。
私なりの考え方もお伝えします。

保険の入れ歯を作り、どの方も「私の入れ歯は一生使える』といきません
また、自費入れ歯の場合は『自費だから一生もんになりますでしょ?』とお話になります。
大多数の患者さんはそのように思われます。

実際は『残念ですが一生もつかはわかりません。』

理由は’現在の口の中のことは、今、現在のこと” になるのです。
当然、口の中が変化することは入れ歯の修理になります。
可能性として、部分入れ歯より総入れ歯に作り替えも考えられます。

質問していいですか?
『人の命は永久ですか?』

それはない。当然、そうなります。
普通は、すべての人が、普通に年を取ります。

入れ歯は同じことです。
『モノ』ですから、寿命はあると思います。
全てのものでもそうありますよね。
新しいの家、新しい車もメンテナンスして修理して
その後、古くなれば、家を建て直したり、車の乗り替えします。

自費入れ歯は、長い間、同じ状態でいられるように
高品質な材料、確実な設計・患者様の不安要因の修正、今後の治療予測を検討する、入れ歯のメンテなど
ベストは尽くしますが、大事なことは、そこが重要ポイントではございません。

現在の問題点を改善していき、一人一人の患者様の
要望に答えられるようにメンタルの部分も解決していきます。

当然、長い間、ご使用できる入れ歯をご提供するのも大事ですが、
入れ歯を含めて、幸福になるようなモノとして
全精力を掛けて、製作している。

そこが、私たち専門医のゴールなのだと思います。

ずっと苦労して、辛い時期を過ごした患者様が幸福になりますと、家族も一緒に幸福になりますよね。

『入れ歯が入ると幸福になれるでしょうか?』
と、患者様から、質問いただきましたら、とびきりの笑顔で私たちは「もちろん」と回答します。

無料入れ歯お悩み相談会