福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

入れ歯づくりの主役は「患者様」

2015-10-08

今日は これから新しい入れ歯を作ろう!と お考えの患者様に是非やっていただきたいことを お伝えします。 それは 「舞台の主役を演じる」ということです。 まず 自分に必要な入れ歯はどういうものなのか どんな入れ歯がほしいのか どんな歯並びの入れ歯がいいのか・・など 患者様自身でしっかり想像してください。 。食べることが大好きな患者様は 「何でも美味しく食べられる入れ歯」 お肉やあわび、硬いせんべいなど食べたい食材を思い描いてください 。長い間、歯周病でグラグラになった歯に苦しんできた患者様は 「痛くなく思い切り噛める入れ歯」 痛みや不安から解放され無意識でしっかり噛めたらどんなに 食事が楽しいでしょうか・・・ 入れ歯と気付かれないように手で口元を隠していた患者様は 「口元が自然で美しい入れ歯」 入れ歯だと気付かれることなく思いきり笑いたいですよね 。滑舌が悪く、いつも相手に聞き返されている患者様は 「話すのに不自由のない入れ歯」 スムーズに会話ができ、ご友人と楽しいひと時を過ごす カラオケだって気持ちよく歌いたい! など紙に自分の希望を書いてみるのも悪くないかもしれません。(希望どうりに行かない場合もあるかもしれませんが・・・)その内容を、患者様ご自身の希望がはっきりしていれば 歯科医師も技工士もどんな入れ歯をお作りすればいいのか 明確なイメージを描くことができます。 患者様一人ひとりの希望に答え 咬合機能が回復できる入れ歯は 患者様自身の前向きな気持ちと歯科医師・歯科技工士の ピッタリと息の合った技術を土台にして出来上がります。 入れ歯つくりは「芝居」を作り上げるプロセスと似ています。 (主役)患者様 (舞台監督・演出家)歯科医師 (舞台装置・大道具)歯科技工士 ご自分だけの「オーダーメイド入れ歯」を作り上げる サポートをしっかりしていきます。

無料入れ歯お悩み相談会