福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

残根の上から入れ歯を入れる

2011-04-26

虫歯のまま放置したり、歯が欠けたりして歯の根っこだけが残っている状態のことを、

残根(ざんこん)といいます。

 

見た目は、歯のない歯ぐきのように見えます。

 

歯科医師により残根の適切な処置のあと、残根にはめる入れ歯を作ります。

この入れ歯を残根上の義歯といいます。

 

歯のない部分から、顎の骨が痩せていきます。

顎の骨が痩せると、入れ歯も安定しにくくなり、インプラントにしようと思ってもインプラントをうつこともできません。

歯の生えていた顎の骨の形を維持するためにも、残根上の義歯を作ります。

 

 

自分の歯は、入れ歯にもインプラントにも勝る、高価で大切なものです。

当院では、ご自身の歯をできるだけ残せるように治療計画を立てています。

無料入れ歯お悩み相談会