福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

はっきりいいます 噛めない入れ歯に価値はない

2011-01-13

実は今、歯のお悩みを抱える患者さんは、高齢者ばかりではありません。

30~40代のお若い方も、驚くほどたくさん来院されています。

 

とにかく噛める入れ歯が欲しい、そう思うことは決して贅沢ではありません。

 

食事は1日3回、365日欠かせません。

噛めないストレスが与える影響は計り知れません。

きちんと噛めないということは、食事だけでなく、様々な弊害が生じます。

 

噛めない期間が長引くと、噛む筋肉を使わないため、頬のハリもなくなり、

急激に老けた印象になります。

しかし、噛めなかった患者さんが、治療することで再び噛めるようになると、

頬の筋肉がつき、ハリが戻って生き生きと若返ったと感じるでしょう。

 

 

入れ歯をお使いの患者さんにとって、きちんと噛める入れ歯は、

日常生活を送る上で、なくてはならないものです。

健康に暮らすための必須条件です。

 

噛めることは、肥満の予防、低栄養の予防、さらに認知症の予防にもなっています。

 

噛めない入れ歯では全く意味がありません。

無料入れ歯お悩み相談会