福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

治療費の考え方について

入れ歯の治療費とその価値を見つめる

博多プライベート歯科には安いというだけの入れ歯はありません。

安いからこのくらいで大丈夫と、入れ歯治療の品質を落したり、妥協するのは問題があるからです。

入れ歯治療というのは医療行為なのです。

妥協したり「治療費を下げる」ことは、医療の品質を落とすことになります

歯科医療は、患者さんに最善のものなければならず、間違っても妥協してはいけません。

入れ歯、インプラントで、虫歯 被せ物であれ、患者さんとにとって価値あるものにするために、私は自分ができうる最高のパフォマンスをすることが、医療であると信じています。最高な治療に背を向けることによって、当院の医療の品質を落とすことになります。

価格を下げることは、相談、傾聴、口腔内の精密検査、診断、治療技術、技工士のテクニック、治療計画、時間、回数、入れ歯制作の行程、素材、審美性の感覚、確認、治療後の入れ歯の状態の維持管理 スタッフ対応、診療室の衛生管理、滅菌消毒、など対し、少しでも妥協する、ということになります。

そして、入れ歯治療は各ステップごとの地道な掛け算で品質が決定すると、私は感じています。一つでも手を抜いてしまうと、入れ歯が完成したとしても、当院や患者様にとっても、絶対に満足いく治療にはなりません。

安い入れ歯を作製することは、安いのでこれくらいでいいかなと、歯科医師としても技術から逃げています。

患者さんにとって価値感がある入れ歯治療とは何でしょうか?

患者さんにとって価値感ある入れ歯治療とは何か?それは、すぐに入れ歯が作り変えにならないことが大前提です。そのような入れ歯をご提供するため、その場しのぎの入れ歯作製ははできかねます。

入れ歯だけではありませんが、歯科処置は、処置の後、どうにかしてその状態を維持していくかのが、とても大切なのです。 「その時治療して終わり、今後どうなるかわからない」では、治療する意味がなくなります。それがきちんと、また長期間機能を維持しなければ、なりません。「いつ使えなくなるのか不安…」と感じる日常から解放されたいと、多数の患者さんが悩んでいます。

決して安いとは言えませんが、患者さんが、快適に食事ができること、自信を持ち笑顔が作れること、歯の悩みがなくなり、何より、価値ある入れ歯治療だと本心から喜び、当院で治療をしたことに満足していただくことを目標にして、スタッフともども全力で治療にあたっています。

治療終了後の患者さんの話もしっかり聞いていきます

「博多プライベート歯科で治療をして本当によくなった」と、患者さんが実際そう思っているか、私たちは、常に語りかけ、しっかり耳を傾けるようにしています。

そうした中で、治療を終了した多数うの患者様から頂いた喜びの声は、日々私たちの活力であり、何よりの言葉であり、

「常に患者さんのためになることをを追及して、特殊な治療方法を確立して、続けたことが、Drとしてとてもにうれしかった。」

とほっとする瞬間です。

私は日々「この方法ででおかしくないか?」「本当に患者さんのためになる治療方法なの?」を常に考え続けています。

来院後すぐに治療を行わない、それは長い間口腔内の健康を守るために

博多プライベート歯科では、入れ歯治療のすべての患者さんに、口腔内の健康を長く続けることを常々考えます。そのため、来院後すぐに治療を行いません。

傾聴、検査、治療方針、コンサル、入れ歯の行程のステップを確実に行う治療、治療後の口腔内の実地指導、患者さん為になる歯科情報の説明など、一つも無駄にしないことが 口腔内のよい状態を長く安定させるために欠かせません。

大体患者さんは当初、治療が遅い、あるいはいらない行程ではないかと他の歯科との治療方針の違いに戸惑われますが、当院はこの入れ歯治療をし続け、博多プライベート歯科としての、「治療のやり直しの少ない」と好評を得ております。

口腔内を全て一塊として、いろいろな方法できちんと診断致します。

ただ痛みがある所だけを治療するのは、その場しのぎの応急的なものに過ぎず、当院では承りません。

治療の前に診断の為に検査をしてもらいます。

カウンセリング時にきちんと治療方法、費用、期間などについての説明をさせていただいております。

その後、ご家族に相談や、セカンドオピニオンを受けていただいても大丈夫です。

患者さんが理解と同意、納得しない限り、一治療は進めていきません。

費用は、診査診断をしっかり行い、計画を立てるため、基本的に初めに提示した費用以外は頂きません。
(ただし、症例によりまれに治療費の変更がある時もごさいますが、その時には、変更の必要となる治療の詳しい説明を患者さんへ行います。)