福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

入れ歯・義歯の料金・費用

入れ歯の治療費

当室の入れ歯の製作費は、以下の通りです。

相談料 ¥3,000(税抜き) 無料
初診時 ¥15,000(税抜き)
口腔内診査・レントゲン・歯型採得など

※診査内容によって治療費が異なります。

治療費・補綴物料金は、口腔内診査(症状・状態)の結果を元に詳細に治療法・材質選択を行ない、責任を持った提示をしたいため口腔内を拝見していない状態での料金記載を控えました。費用につきましては、診査診断の上、治療法・補綴物の利点・欠点をお話しながら提示します。

自由診療となると治療費・補綴物価格が瞬間的に高く感じると思いますが、長い目で見た場合、自由診療でしっかりと行なった治療で快適で長持ちする状態になれば、むしろお得な治療と感じるでしょう。

費用を考える上で大切なこと

治療にかかる費用は治療をお受けになられる患者様皆様にとってとても重要な部分だと思います。

健康保険で治療をすることが当たり前の日本では、“精密義歯”の治療費は決して安い費用ではありません。

精密義歯にて治療をする場合、現在の虫歯や歯周病の状態、残っているほかの歯の位置や本数、状態によって治療にかかる時間も大幅に違い、それに伴い治療費も異なってきます。

実際に必要な治療費用は十分な診査診断を行い、治療計画を立てた上にで治療開始前にご説明しなければなりません。

費用を考えるうえで重要なポイント4つ

同じ費用を出すなら、インプラント手術がいいのか、“精密義歯”がいいのか(実際にはインプラントより“精密義歯”の方が治療費は安く済む場合が多いですが)といった点も重要だと思います。

これらの事を十分にご理解いただいて、皆様にとっての“精密義歯”が本当に価値のあるものとご判断いただけた場合に、治療をお受けいただいてはいかがでしょうか。ポイントは4つあると思います。

費用を考えるうえでここが重要! POINT1

どれくらい長持ちするのか。すぐに、入れ歯を作り変えることはないのか。
(また、すぐに、費用が必要にならないのか)

“当院の義歯”は基本的に一度作った部分は一生お使いいただく前提で設計しております。
支えとして使っている歯を虫歯にしてしまったり、義歯を入れた部分以外の歯が悪くなることも十分に考えられます。

その場合は新たに作り直すのではなく、修理や義歯の増設を行って最初に作った部分はそのまま使い続けます。
(多数歯を一度に、抜歯の場合は別です)

費用を考えるうえでここが重要! POINT2

今回の治療以外に生涯どれくらいの費用が必要なのか。

まず、この点について一番重要なのは、これから行う治療がただ単に歯のないところに歯を作るだけの治療なのか、残っている歯を含めてもうこれ以上悪くしないように守ることを考慮した総合的な治療(予防補綴)なのかということではないでしょうか。博多プライベート歯科はこの予防補綴治療に取り組んでいる数少ない歯科医院です。

この問題はそれぞれの患者様によって状態が違いますので、X線写真を撮影したり実際にいくつかの検査を行って、時間をかけてご相談させていただきたいと思います。

費用を考えるうえでここが重要! POINT3

子供の教育費や車を購入するように価値が十分あるのか

多くの方は歯を失い始めた頃には歯の重要性をそれほど感じておられません。しかし数本失うことでそのことを実感されるようになります。歳を取ると多くの方が一番の希望は「健康に生きて行くこと」とお考えになられます。人間のからだは食べた物で出来ています。食べた物の種類で体の健康が左右されてしまいます。歯が悪くなって食べられるものが限られてくると自然と体は病気になり易くなります。食べられるものが限られてくると、せっかくの楽しい結婚式や旅行も食べられるものが少なく、お料理に手を着けられないままでいることが苦痛で出席したくなくなる。また、参加したくなくなるという話を聞いたことがあります。なんでも食べられるお口の健康を維持することの大切さを、歯を失っていない早い段階でご理解いただくことが最も大切だと考えております。

費用を考えるうえでここが重要! POINT4

治療終了後の入れ歯のメンテナンス
何かあった時の修理などはどのようになっているか

お手入れ次第でずっと使い続けられる精密義歯

義歯が完成した後は、その後のメンテナンス次第で将来再度歯を悪くしてしまうかが決まります。まず必ず行う必要があることは日々の歯みがきです。正しい歯ブラシの使い方を歯科衛生士と練習していただき、お口の中の歯に装着した装置やご自分の歯も丁寧に磨けるようにします。

義歯本体は一日に1回、入浴時か寝る前にはずして丁寧にブラシで汚れを取り除きます。残存歯がある場合は、基本的には3か月に1回は当院にご来院いただいて普段ご自分では磨くのが難しい部分を、徹底的に機械を用いて清掃し、虫歯予防のためのフッ素コーティングを行います。この際にかみ合わせの変化をチェックし、問題があれば調整を行うことが非常に重要です。かみ合わせは少しずつ変化していくことが多いため、このチェックと調整は義歯を長く使っていただくために必ず行う必要があります。

義歯を装着した後は一生皆様博多プライベート歯科で協力して、歯が再び悪くならないように守って行きます。

今まで悪くしてしまった所を治療してリセットして、これからはもう悪くしないことが重要です。

治療費に関するよくあるご質問

Q.保険治療と保険外治療(自由診療)との違いは?

A.

国の定めた保険の利く治療は必要最低限のものに限られており、どうしても限度があります。
(医療費節減のため、国は必要最低限の治療にしか保険が使えないように制限しています.乱暴な言い方をすれば、保険内で認められた治療は、見た目の美しさや、耐久性、快適性は二の次で、とりあえず生活に支障のないレベルまで回復させれば良いという考えに基づいた治療です)。

ですから、見た目(審美性)や装着感、機能性など、「生活の質」をより向上させるような治療は保険の利かない治療(自由診療)になってしまいます。

生活の質を向上させるような治療とは、例えば

歯の失われた所へ人工の歯を埋める「インプラント治療」
装着時の「違和感が少ない義歯(精密入れ歯)」、「バネの目立たない部分入れ歯」
色、形態が「本物の歯に近い補綴物(被せ物)」
乱れた歯並びを奇麗に整える「歯列矯正」
着色してしまった歯を美しい白い歯に漂白する「ホワイトニング」

などがあります。

これらの治療は保険治療とは掛かる時間、手間、材質などが異なるため、その分治療費がどうしても高くなってしまうのが現状ですが、国の定めた制限の中で行う保険治療とは違い、可能な限りのベストの治療を受けて頂くことが可能です。

当院ではなるべく患者様の負担を減らし、より良い治療をなるべく気軽に受けて頂けるよう、お支払いもクレジットカード決済が可能です.分割払いやリボ払いも可能ですのでどうぞご活用下さい。

ただし、当院では無理に保険適応外の治療を勧めるようなことは致しません。しかし、このような国による保険のルールからくる保険治療の限界がある事をご理解下さい.保険治療も悪いものではありません。

そして、患者様のご希望・目的に合わせて患者様に合った治療法を選択して頂ければと思います。

>> 保険入れ歯と自費入れ歯の比較

Q.保険外治療(精密入れ歯)に興味がありますが、治療費が高そうで躊躇しています。数百万かかると聞いた事がありますが・・・

A.

確かに、保険の利く虫歯治療などと違い治療費は高く感じてしまうかもしれません。

精密入れ歯治療はたいてい数か月かけてゆっくりと噛みあわせを修正し、治療用入れ歯作製、最終入れ歯を装着(片額)していくので数十万円かかりますが、痛くなく、噛める入れ歯を制作したあとは、必要があれば調整、修理することもありますが、安価の費用ですみます.また、みなさんが心配をしている、入れ歯が合わなくなったら、作り変えるという発想は当病院ではありません。噛みあわせのよい入れ歯を長く使っていただくために、しっかりとした精密な入れ歯を作成いたしますのでご安心ください。

ここからは個人の価値観によると思いますが、時間がかかりますが、精度の高い入れ歯治療ですので、かかった治療費をかかった年月で割ると、決して高い治療ではないことに気付かれると思います。

当院では支払いの面で少しでも患者様のご負担を減らせるよう、治療費のクレジットカード払いが可能です。分割払いも可能ですのいで活用頂ければと思います。

精密入れ歯治療は保険外の治療になりますので、料金設定はその歯科医院により様々です。

当院では入れ歯治療専門の歯科医師による安全な治療をなるべく多くの方に受けて頂けるよう、他病院よりも高度な技術を提供いたしております。

正確な治療費についてはケース毎に変わってきますので何とも言えませんし、どういった治療を予定されていたかも不明ですので、数百万円かかると言われた根拠が不明ですが、少なくとも当院で行う精密入れ歯治療で数百万円かかるということはございません。

歯並びや噛み合わせは全身の健康に関わりますし、一生の問題ですから、分からない事・不安な事などございましたら無料相談を随時受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい。

医療費控除について

医療費控除とは?

自分や家族の病気・怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行うことで一定の金額の所得控除を受け取ることが出来ます。これを医療費控除といいます。

一年間で支払った医療費の総額が、ご家族で年間合計10万円を超える場合(または確定申告される方の合計所得の5%を超える場合)、医療費控除を受け取ることが出来ます。

医療費控除の上限金額は1年間で200万円までです。

軽減される税額の早見表

課税総所得金額別(医療費控除前)の表です。
この表は「軽減される税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算しています。
この表は2014年4月末日の税制に基づき作成しています。

医療費控除の対象は?

医科および歯科受診の保険治療費、保険外治療費および、交通費が対象となります。
インプラント治療、セラミック治療、矯正治療などの自費診療だけでなく、保険診療も控除の対象となります。
美容を目的とした矯正治療、歯ブラシや歯磨き粉などの物品購入費は対象となりません。
支払った医療費が医療費控除の対象になるかどうか、詳しくは最寄の税務署で確認して下さい。

>> 国税庁HPで詳細を見る

治療費のお支払い方法について

治療費の支払い方法に関しては、現金の窓口でのお支払い・クレジットカードの2通りとなっております。
また、ご利用いただけるクレジットカード会社は以下の通りです。

精密義歯などの自費治療はデンタルローンがご利用いただけます。
詳しくは以下のバナーをクリックください。