入れ歯治療についてのインタビュー:顎のズレを治す治療

ボロボロな状態から入れ歯治療が完了するまで

こんにちは!インタビュアーの池崎です。博多プライベート歯科 福岡入れ歯専門研究所で入れ歯治療を担当している山下先生に、治療についてのインタビューを行いました。

博多プライベート歯科 福岡入れ歯専門研究所が選ばれる理由

患者様のお悩みとは

治療前

インタビュアー池崎

今回の患者様はどのようなお悩みをお持ちだったのでしょうか?

入れ歯治療担当医師 山下先生(以下山下先生)
30歳くらいから急に歯が弱くなり、噛むと痛いので食べたいものも食べられず、柔らかいものを流し込んでいたそうです。50歳過ぎるとほとんどの歯が歯周病になってしまい、虫歯で色も黒ずみ、人前では恥ずかしくていつも手で口元を隠していらっしゃいました。悩みすぎて、歯が抜け落ちる夢をみるようになり、夜中に何度も飛び起きたこともあったそう。
インタビュアー池崎

福岡には多くの歯科医院がありますが、博多プライベート歯科を選んだのは、なぜでしょうか。

山下先生
あまりにも歯がグラグラして痛がっていたら、お知り合いの方が「駆け込み寺みたいな歯医者さんがあるよ」と博多プライベート歯科を勧めてくださったと伺いました。
インタビュアー池崎

駆け込み寺のような歯医者とは、頼りがいがありそうな雰囲気が伝わってきますね。

山下先生
途中で転院するのが申し訳ないので、30年間で3件しか受診してこなかったのだそうですが、通院のたびに歯を抜かれ、怖くてノイローゼになりそうだったとお話しくださいました。
どこに行っても同じだろうと諦めていたとき、博多プライベート歯科での適切な応急処置や、「もう我慢しなくていいですよ」「問題のない歯は抜かずに治せます」という言葉に信用できる!と感じ、博多プライベート歯科を選んだのだと教えていただきました。
インタビュアー池崎

しっかりと患者様に向き合う姿勢が、選ばれる理由なのかもしれませんね!

治療前

博多プライベート歯科での入れ歯治療

行った治療とは

インタビュアー池崎

どのような入れ歯治療を行ったのでしょうか?

山下先生
最初に電話で予約をしていただき、カウンセリングを行いました。
その日のうちに応急処置をすることになり、様々な検査をして虫歯と歯周病の治療、治療用入れ歯での噛み合わせ治療をしました。
歯周病と顎のズレを治して、そのあとに本入れ歯を作るとういう治療計画を患者様と立てました。
今回の患者様の場合、ぴったり合う義歯を作るには、まず顎のズレを矯正しなくてはなりませんでした。
インタビュアー池崎

ただ新しくきれいな入れ歯を作ればいいというわけではないのですね。
他にも博多プライベート歯科が心がけていることなどはありますか?

山下先生
たくさんあるのですが、大きく分けて4つあります。

1.徹底的にお悩みをうかがう


説明が不十分なまますぐに診察台に連れていかれて口の中を触られると、不安になってしまいますよね。まずはカウンセリングコーナーで、患者様のお話をとことん聞くようにしています。
気持ちを吐き出すだけでも、安心して泣きそうになる患者様もいらっしゃいます。不安な気持ちをまず軽くすることが、治療の第一歩であると考えます。

2.噛める入れ歯にする


今まで使っていた入れ歯は、痛くて噛めないので正直捨ててしまいたいとおっしゃる患者様もいらっしゃいますが、その合わない入れ歯を調整して治療用入れ歯とし、顎のズレなどを治してから最終的にぴったりの治療用入れ歯を作るようにしています。
治療用入れ歯の具体的な調整は、入れ歯の厚さと噛み合わせを直したり、噛む動きと発音を念入りに調べて、削ったり足したりしています。患者様にも調整するたびに良くなっていくのがわかるので、お喜びいただけます。
舌が当たるとザラザラして気になっていたところも、丁寧に磨いてツルツルに仕上げます。
治療用入れ歯調整には最低でも2~3か月かかります。事前にご予約いただき、治療を行っています。

3.噛み合わせチェックで自分の真の力を知っていただく


噛み合わせが正しいと、人は持っている力を最大限に発揮できます。噛み合わせチェックでは患者様の身体を押したり、上げた腕を降ろさせようと力を加えることがありますが、噛み合わせを正しい位置に戻し、治療用入れ歯で噛むと、真っすぐに立っていられたり、両腕をあげたままでいられたりするんです。
皆さん、「噛み合わせが正しくなるだけでこんなに力が出せるんだ」と、感動と驚きの表情を見せられますね。

4.リラックスして治療を受けられる環境づくり


今まで痛い入れ歯を使っていた患者様は、「入れ歯は痛くて当たり前」だと思っていらっしゃる方も多く、どんなに痛くても我慢されることがあります。
また、痛くても歯医者が怖いからという理由で通院できない方もたくさんいらっしゃいます。
勇気を出してご来院くださった患者様がリラックスして治療に専念できるよう、恐怖心をなくせるような詳しいご説明やお声がけを心がけています。

インタビュアー池崎

患者様ファーストで治療を行っているんですね。

山下先生
しかし医師だけの力では完璧な治療はできません。噛み合わせ治療には患者様のご協力が必要です。噛み合わせ矯正用の仮の義歯(治療用入れ歯)を使って矯正するので、治療には3か月から半年ほどかかります。
今回の患者様も治療にご協力いただき、順調に回復され、最短の期間で本入れ歯を作ることができました。

治療を終えて

治療後

インタビュアー池崎

入れ歯治療が終わったとき患者様はどのようなご様子でしたか?

山下先生
治療を終えて、本入れ歯を入れたときは、ウキウキして一日中笑いっぱなしだったそうです。自然に笑えるようになり、人前で口元を隠すこともなくなっていらっしゃいました。周りの人たちから「明るくなった」「元気になった」と言われるようになり、とても嬉しいと教えてくださいました。
食事するのも楽しくなり、料理にも気合が入るようになったそう。歯の治療が終わった日から、何をしていても、何もかもがパッと明るくなったようですね。
持病だったというめまいや肩こりも軽くなり、痛み止めを飲まずに済むようになったそうです。
歯をグッと食いしばることもできるようになったので、今までと比べて荷物を軽々と持つこともできるようになったと思いますよ。
治療後

ドクターから最後に

食べる喜びは、生きる喜びです

インタビュアー池崎

最後に、歯のことで悩んでいる方へのメッセージをお願いいたします!

山下先生
博多プライベート歯科の噛み合わせチェックで自分の力がどれくらい出せるものかを体験すると、噛み合わせの大切さがよくわかっていただけると思います。今回治療を行った患者様以外にも、噛み合わせが整ったことで荷物が軽々と持てるようになった、肩こり、腰痛、めまいが軽減し、元気に過ごせるようになったと実感していらっしゃる患者様がたくさんいらっしゃいます。
お口にピッタリと合う精密入れ歯は、自分の歯のような感覚で、体の一部になってくれます。寝るときに外したくなる入れ歯は歯と歯茎を弱らせてしまうんですが、精密入れ歯なら夜寝る時も外さずに朝までぐっすり眠っていただけると思います。歯ぎしりしてもびくともしません。
顎のずれを根本から治して本義歯を作れば、10年以上、快適に使える入れ歯になります。自費の入れ歯の治療費は大きな出費と感じられるかもしれませんが、精密入れ歯は食べる楽しみを取り戻せることと、見た目をきれいにできることを両立させられる治療です。
この先の人生を考えたら、なんとしても食べる楽しみを取り戻してほしいと考えます。食べる喜びは、生きる喜びです。なんでも噛んで味わって、美味しく食べる喜びを取り戻しませんか?
少しでも精密入れ歯が気になった方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。

無料入れ歯お悩み相談会