福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

歯科技工士の対談

入れ歯担当 原田尊海

江崎先生とのお付き合いがあるのはいつごろからですか?

10年前くらいからのお付き合いになりますでしょうか。

博多プライベート歯科様は、患者様へのコミュニケーションをしっかりと取りや術前診断をきちんと的確に遂行されていますから、実際、入れ歯を製作する歯科技工士としてはストレスがかかることなく、お仕事をさせていただいております。

入れ歯というものは、歯科医師のみで作り上げていくものだと大多数の方が思っておられるようですが、現実は違うのですよ。

歯科医師が患者様の口腔内を術前診断し設計などを考えていただき「診断指示書」を製作していきます。

その内容を把握して歯科医師診断をもとに、歯科技工士が入れ歯を製作させていただきます。

つまり、「診断指示書」の精度が悪いと、精度が悪い入れ歯しかできないということになります。

もちろん、私たち歯科技工士も入れ歯を作るプロとしての自負はございますので、ある程度におきましては、推測して作ることも可能ですが、それでは、本当に「ある程度」のものしか作ることはできません。

もうお話ししたいことはお分かりだと思います。

歯科医院から指示がある「診断指示書の内容によって「痛くなく、噛める・外れにくい入れ歯」を製作する上で重要なことになります。

歯科技工士になってやりがいを感じることは?

すべての歯科技工士も同様なことお話しされると思いますけれど、やはり、患者様より感謝時の言葉をいただいた時ですね。

「先生、ありがとうございます。」と。

私が一生懸命作成した入れ歯が患者様の口腔内に入って、患者様の身体の一部になっている。

そして、その患者様のその後の人生のおいて、僅かながらも、幸福にすることのお役に立てている。

そのようなことを想像するだけでも、この歯科技工士の仕事に対しても、とても、やりがいがあると共に、精密入れ歯が入ってからの患者様の「笑顔」「喜び」が何とも言えない私の喜びとなります。

すべてにこだわりを持って作業をしていますので、特にこれというのは難しいのですが、強いて言うとすれば、ドクターとのコミュニケーションを密にしています。

患者さまと接する時間が最も長いのも、患者さまのお口の情報を最も理解しているのも、我々ではなくドクターです。そのドクターとの連携が、良い入れ歯作りの第一歩といえます。

つまり、そのドクターと密な連絡を取り合うことが、良い入れ歯を作るための第一歩になります。

すべてにこだわりを持って作業をしていますので、特にこれはというのは難しいのですが、強いて言うのであれば、「ドクターとのコミュニケーションを密にしている」ということですね。

患者様と接している時間が一番長いのは我々ではなくドクターであり、かつ、患者様のお口の情報を一番よく理解しているのもドクターです。

つまり、そのドクターと密な連絡を取り合うことが、良い入れ歯を作るための第一歩になります。

また私の技工所の特徴としては、歯科医師のご要望があれば、担当の歯科技工士を立ち会わせる(担当制)を設けております。

博多プライベート歯科でも、担当制を取り入らせて頂いております。

歯科医師によつて。治療方針や使用している材料、テクニックが違いますので、その内容を理解することで作業効率が上がり、それに応じて完成する入れ歯の精度が断然違ってきます。

ここも、私のこだわりの1つかもしれません。

入れ歯で悩まれている患者様に一言をお願いします。

どんな歯科治療もそうでしょうが、患者様のお悩みの声からすべての歯科治療が始まります。

歯科医師にすべてをお任せする、丸投げするのはいけません。まず、大事なのは、患者様の現在のお悩み・状況、そして「このようになりたい」ということを我々(歯科医師、歯科技工士)にお伝えください。

そのお悩みを聞いた上で、入れ歯のプロである歯科医師、そして我々(歯科技工士)がディスカッションしていき、できる限りご要望に応えられるようにご提案していきます。

患者様のお悩みをしっかり受け入れ、入れ歯専門歯科技工士のプロとして、歯科医師の術前診査診断を融合していき、より品質の高い入れ歯治療をご提供していきます。

このような入れ歯治療を行う上での大切な環境が博多プライべート歯科には存在しています。

審美歯科担当 KDL代表取締役 南山誠

歯科技工士になられたきっかけは?

歯科技工士という仕事を現場で触れる機会がございまして、そこで「食べられなかった人が食べられたり、歯が無くなった人が、歯ができて喜んでいただいたり」、「見た目が美しくなり」、「笑顔が素敵になり」、そして患者様から「自信がもてるようになった」患者様を目の当たりにしたことが、始まりだったと思います。

キレイで機能的な歯を作ることで、患者様の人生をプラスに好転できたという現実に感動したのも影響しています。

歯科技工士やりがいや面白味はどんなことですか?

歯科治療が終了した時に垣間見える、患者様の「素敵な笑顔」。

これを光景を見るために、私はこの歯科技工士の仕事を続けさせて頂いております。

技工技術は高度で高ければ高いほど良いですし、プロとしては日々追求していかなければならないのが、根本の部分になります。

それ以外の部分で、トータル的に私たちの仕事の評価を決定づけるは、「歯科技工士の強い想い」と私は考えます。

つまり、ひとつひとつの工程に「心を入れていく」ということですね。

我々が製作しているのは、補綴物など「被せモノ」です。

しかし、患者様のお口の中に入ってしまうと「身体の一部」になっていきます。その治療において、時には患者様の人生も変えてしまうこともあります。

それを考えてしまうと、私たちの仕事は単なる流れ作業で終わらしてしまうことがあってはいけないのです。

いかに誠実に患者様に対応し、喜んでいただける姿を想像しながら、「いつも心を込めながらがら、感謝する」を信念として製作いたします。

これにつきます。

患者様にメッセージをお願い致します

治療が終了した患者様には、「笑顔を続けてほしい」

そのために私たちがしなければいけないこと、それは少しずつ一歩一歩技術的、メンタル的にも成長すること。

昨日より今日、今日より明日という気持ちで日々努力を積み重ねています。

博多プライベート歯科さんでは、患者様とお話しする機会を設けて頂けていますので、患者様と様々なお話をします。

無料入れ歯お悩み相談会