福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

新型コロナウイルスにおける全国の歯科医療の現状や歯科受診について

日本歯科医師会会長 堀 憲郎先生がTBSテレビに出演しました

4月30日(木)日本歯科医師会会長 堀 憲郎先生がTBSテレビ「あさチャン」に出演しました。現在の新型コロナウイルスにおける全国の歯科医療の現状や歯科受診についてお話しいただきました。

その中で堀先生からは、「今後の日本国の社会の位置づけとして歯科医療の維持の必要性」や、「歯科医院の運営も非常に厳しい状況におかれていて、多くの歯科医院で新型コロナウイルスの影響を受けている」と報告がありました。

また、その放送の中で街角インタビューがあり、「歯科受診すると院内感染してしまいそうで不安です」や、「歯科治療は不要不急ではないですよね」と思っているという国民の皆様の声に対して、堀会長先生にお答えいただきました。

・歯科治療を通じて新型コロナウィルスの感染の報告は1件もなかったという事実
(歯科医院側から患者様側へのウィルス感染はなし)

・歯科治療は不要な治療はないということ
緊急性の判断の解釈になりますが、自分自身(患者様)で判断するのではなく、かかりつけの医師にしっかり相談してください。特に、ご高齢の方の口腔内環境が悪化すると、誤嚥性肺炎になり生命に影響があります。

などお答えいただき、マスコミ報道からの内容の誤解を紐解いて歯科治療に対しての恐怖を払拭し、国民の皆さんの歯科医院受診に対する心得などの情報を放映されました。

歯科医、歯科衛生士などの医療スタッフにおいては、(飛沫感染など)感染リスクが高いのは歯科医療での現場が考えられます。しかし、国民の皆様が一番心配されている歯科医院内の治療において、患者様が新型コロナウィルスに感染したという報告はないとのことです。

当院の院内感染予防の取り組み

当院では、院内感染予防を徹底的に行い、患者様の口腔内の健康を維持するためにスタッフ一同励んでまいります。

詳しくはこちら

無料入れ歯お悩み相談会