福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

様々な抜歯器具

2020-07-09

こんにちは!博多プライベート歯科です。
今日も博多は雨が降っていますね。みなさん川の氾濫や土砂崩れなどにお気をつけください。

 

歯科の医療器具には様々なものがあります。
抜歯にも様々な道具が必要で、ただペンチで歯を引っ張ればいいというものではありません。

 

抜歯に使うペンチのような形の道具は「鉗子」といいます。
抜く歯の部位によって形や大きさが全く異なる鉗子などを駆使し、
根っこを残して折れてしまった歯など、難しい抜歯も行っています。

 

なるべく患者様に痛みがないように、口を長く開けておくことで疲れないようにと、
考えて開発されたものを医師は使用します。
しかし、いくらいい道具を使用しても、医師の腕次第では
患者様にとって大変辛い治療となってしまいます。
多くの症例をこなし、経験豊富な歯科医院選びが重要ですね。

 

怖いからと言って、抜歯が必要な歯を放っておくと、炎症が起こったり骨と癒着してしまって、
かえって抜くのがどんどん大変になっていきます。
後回しにせず、早めに治療を受けてくださいね。

 

無料入れ歯お悩み相談会