福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

保険部分入れ歯の落とし穴

2019-11-21

こんにちは!博多プライベート歯科です!
寒くなり、秋服から冬服を着るようになってきました。
もう少し秋を楽しみたかった気もします…

 

いま保険で作られた部分入れ歯を使っていらっしゃる方は、
もしかしたらもっと歯を失ってしまうかもしれません。

なぜなら、保険の入れ歯に使う金属のバネは、
引っ掛ける歯に大きな負担となってしまうからです。
次はその負担に耐えていた歯がぐらついてきてしまう…
ということが多々起こっています。

 

しかし、保険の治療では、金属のバネを使うことでしか
部分入れ歯を固定することはできません。
それでは、いずれぐらついてくる可能性に怯えながら、
入れ歯を使い続け、歯が抜けたら入れ歯を作り直す、
と繰り返していくしか手は無いのでしょうか?

 

そのような問題を解決してくれるのが
保険では作れない、ノンクラスプデンチャーという入れ歯です。
金属のバネのことをクラスプというのですが、
こちらはその名の通り、バネを使わない入れ歯のことです。

 

柔らかい人口樹脂を使って入れ歯を作ることで、
バネを付けなくても、歯茎全体で入れ歯を支えることができ、
残っている歯1本に対する負担を大幅に軽減させてくれます。
見た目にも入れ歯を入れているとは気づかれにくく、おすすめの入れ歯です。

 

もちろん、自費の入れ歯ということは、
治療費が高額になってしまうなどデメリットはありますが、
長い目で見れば機能的にも審美的にも優れたものであると断言できます。

 

気になった方、これ以上歯を失いたくないという方は、
お気軽にご相談くださいね。

無料入れ歯お悩み相談会