就寝時は入れ歯をつける?はずす?-総入れ歯の場合-

就寝時は入れ歯をつける?はずす?-総入れ歯の場合-

2021-04-16

こんにちは!博多プライベート歯科です!

 

前回のブログでは、就寝時にも入れ歯を入れておいてほしい理由を
部分入れ歯編だけご説明させていただきました。
今回は総入れ歯の理由をご説明いたします。

 

🦷総入れ歯の場合
ご自分の歯が1本も残っていない方が入れる総入れ歯は、
残った歯の負担を減らすために入れておく必要がある部分入れ歯と
違った理由から寝るときにも装着しておいていただきたく思います。

 

立ち上がったりバランスを保って歩いたりする運動は、
きちんと力を入れて噛み締められることでサポートされています。
これは部分入れ歯にも共通して言えることですが、
夜中にお手洗いに行くときなど、寝起きで立ち上がって歩くときに
しっかりと食いしばることができない状態だと
転倒などで怪我をしてしまう可能性が高まります。

 

また、災害が起きた際など、夜間に急な避難が必要になったときに
入れ歯がなければ、前述した通りとっさにうまく動くことができず
逃げ遅れてしまうかもしれませんし、
入れ歯を入れる暇がなくそのまま避難した場合は
物資の乏しい避難先では何も食べられず、栄養を取れなくなってしまいます。

 

「寝ている間に洗浄液に浸けておくようにしているのですが、
それではいつ浸ければいいんですか?」とご質問をいただきますが、
つけ置きタイプの洗浄剤の多くは2時間ほどで効果を発揮してくれるはずです。
夜ご飯を食べた後から、布団に入るまでの数時間に
洗浄するようにされてください。
(洗浄剤や入れ歯の種類によってお手入れ方法は違いますので、
詳しくは医師の指示に従ってくださいね!)

 

どうしても寝るときは外しておきたいという方は、
起き上がらなくても手が届くくらいの場所に置いていきましょう。

無料入れ歯お悩み相談会