福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

入れ歯・義歯ができあがるまで

STEP1. 初診

問診票の記入中

初診時に患者様の悩み、希望を十分お聞きして、なぜか?どうしたら治るのか?
という診査を行います。

STEP2. 調査

現在の患者様のかみ合わせ状態を石膏模型に再現し検査

口腔内精密検査を行います。検査内容は下記になります。

  • ・X線写真(パントモ、レン
    トゲンなど)
  • ・咬合診査(診査用規格模型の製作など)
  • ・口腔内写真(顔貌、口腔内、全身写真など)

診査は一回ではなく、治療の度にチェックをしていきますのでいつでもお聞きください。

STEP3. カウンセリング

カウンセリング中

口の中の状態、診査用模型(規格模型)、X線写真、その他の検査を総合的に診査した上で診断を行い、治療計画をお話いたします。
また、大体の治療期間や費用についてもお話いたします。
噛んだり、飲み込んだり、声を出したり、笑ったりする機能は患者様自身でしか改善することはできませんので、普通の作り方では出来ないのです。
そのため上下の治療用義歯を入れて患者様に使ってもらいながら歯科医が手伝いをして一緒に作っていくのです。
だからオーダーメイドで特別な方法なのです。
どこが違うのかは、型採りと噛み合わせの採り方が患者様主体なのです。

STEP4. 治療開始

治療用入れ歯の型取り後
歯茎の状態を石膏模型に再現

治療計画に同意を得られたところで治療を開始していきます。
まず初めに型採りをしていきます。
入れ歯は口を開けた時に落ちてこず、噛んだ時に痛くないものでなければなりません。
その様な型採り、すなわち 印象を採るのです。
このような印象をするのが治療用義歯なのです。

※印象
印象(いんしょう)とは歯科医院でよく行う歯型をとる事を指します。
つまり歯科医院では歯型をとる事を印象をとるといいます。

STEP5. 治療用義歯の製作

歯科技工所にて治療用入れ歯制作中(咬合器付着)

歯がなくなると噛み合わせが低くなり、噛む位置も変わります。
噛み合わせの高さや位置を決めたり、人工歯の並び(患者様に合った人工歯の大きさ、形、色などを選びます)をチェックするなどの過程を踏んでいきます。

STEP6. 治療用義歯の装着

治療開始時に入れ歯の噛みあわせがずれている状態
(その後、噛みあわせ修正を行う)

入れ歯のかたちが悪いと、その人に合った良い咬み合わせを実現できません。
それどころか咬み合わせがどんどん悪くなって、あごや顔の形も変わってしまいます。
十分に機能できる義歯形態が得られるように、特殊な材料を用いながら患者様に合った形態と機能を術者がお手伝いをして患者様が自然に治せるように治療を開始していきます。

STEP7. 調整・トレーニング

治療用入れ歯にて食事ができている状態

大きくもなく小さくもない、高くもなく、低くもなく、ゆるくもなく、きつくもなく、痛くもなく、ちょうどいい義歯にしていきます。
治療用義歯を装着し、適合・安定と痛みの除去から行っていきます。
痛みがなくなり安定したら次はリハビリです。
その後機能の回復が始まると同時に健康な形態を作り、機能を向上させていきます。
機能は一度には良くなりません。
機能と形態は連動しているので、調整をすることにより両方が良くなっていくのです。
そして治療用義歯の終盤では、より健康な形態を作り、健康の維持、予後の見直しを行います。

STEP8. 最終型取り

最終の型とり

義歯の維持・安定・支持・審美性において、患者様ご自身が達成した満足感が得られたところで、最終義歯を製作するための型採りを行っていきます。
この時も単なる型採りではなく、調整・トレーニングを行ってきた治療用義歯を使って患者様ご自身の機能を活かして行います。
健康になった状態の形態と機能を転写(写し採る)する特殊な印象方法です。

STEP9. 最終義歯製作

最終入れ歯完成

高い精度の適合性、違和感の少ない装着感を得た治療用義歯から、今度は精密な技工操作により寸分たがわぬ精度の最終義歯を製作していきます。
最終義歯製作は入れ歯作りのスペシャリスト原田 尊海(はらだ たかうみ)氏の技によって実現する芸術です。

STEP10. 最終義歯装着

よく噛めて見た目も良い状態

バランスのとれた噛み合わせ、健康的な表情・笑顔の精密義歯の完成です。

無料入れ歯お悩み相談会