福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

バレない!入れ歯とは気付かれない

博多プライベート歯科の審美入れ歯が美しくキレイに仕上がる訳

食事することは当然です。
その上でどのようにして、キレイで美しく製作するか!

口元のイメージは、他人へのイメージつまり、「その人自身のイメージ」を意味します。

人類学者、高島士郎氏は「顔でその人の品格が出やすいのは口元である」とおっしゃっております。

「いつもスマイル(笑顔)で人と関わりたい」と思っておりますが、その人がガタガタな歯並びによりコンプレックスを口元に感じていると、大口で笑ったりすることができず、他人と面会することがイヤになることもあるんではないでしょうか?

であるから、「入れ歯であることをわからないようにしたい」ということは、入れ歯を使用している、みなさんの願望だと思います。

さらに入れ歯の製作に関しては「以前の自分の歯を取り返したい」または、「きちんと入れ歯を製作するなら、昔より、キレイで歯並びもよくしたい」と思うのではありませんか?

当院はそのような気持ちを大事にし、他人から分からない、歯並びのキレイな入れ歯を製作しております。

本当の精密入れ歯とは?

精密入れ歯とは、型取りと咬合で決定します。つまり自動車の両側のタイヤと同じです。

入れ歯は、その他、形態と機能がその患者さんに適合してないと意味がありません。

審美入れ歯は、先進的な術式で経験のある歯科医と技工士がコラボレーションした、芸術的な領域です。

期間や治療費はかかることはありますが、ぜひ、お考えいただければと思います。

形態美と機能美を両方を備えた入れ歯とは?

「審美性を兼ね備えた、歯並びのキレイな入れ歯」が現実になるためには「見た目をキレイに作る」と「見た目もキレイに使用できる(食べられる)」の両方が必要です。

歯並びのキレイな入れ歯を作製するために必須なのは、歯科医や歯科技工士のテクニック、精度の高い製作の仕組みと言う「ハード部分の内容」もあります。

ですけど義歯は「飾り物」のように眺めるものではありませんので、義歯の形態が美しいだけでは問題があると思われます。

ここで重要なのが、「見た目が美しく使用できる」です。

笑顔の時や食事の時など、お顔の表情や筋肉の動きも含め、他の人が診て違和感なくキレイに映ること。

これは見逃せない項目ですよ。形態と機能は一体関係で切り離せません。

キレイで美しく製作する

1.ご本人に納得した仕上がりが想像できるように、歯科技工士立ち会いによる仮合わせ

どのような歯に並べて欲しいのかを言葉で表しても、説明しづらいのではないですか?

当院は、「ご自身の歯がなくなる前の歯並びがしっかり見える写真」を持って来てもらいます。

「どのような歯並びだったでしょうか」「写真でご本人が笑っている姿を見て、どのくらい歯が見えるのだろう」というのが詳細に見えてくるので、自分のイメージどうりの歯並びにより近い入れ歯を作れます。

その他、残っている歯の型を参考にリハビリ用入れ歯を製作したり、咬合を確認するなど、いろいろな検査を慎重にやっています。

ご満足していただく入れ歯は、このような術前の検査や診断が重要だと感じています。

後でも述べますが、このように、リハビリ用入れ歯を製作することで、治療中の行程で、歯並びがキレイで美しい笑顔になっていっているのが、実感していきます。

2.リハビリ用入れ歯を製作して再確認いきます

審美的に意識した入れ歯を製作するために、リハビリ用入れ歯を使用。

顎の関節のズレや現在、使われてない顔面の筋肉を、元の良かった噛み合わせの位置に戻すのに使用するものです。

一般的に多いのが、元々、歯並びがガタガタな方や歯があまり無かった方は、口元が乏しいのに、急にキレイになりますと、入れ歯を入ったことが周りに分かってしまう場合があります。

対して、当院は、リハビリ用(治療用)入れ歯で確認しながら、ファイナル(最終)入れ歯を製作致しますので、段階を追って、歯並びがガタガタになってないかなどを確認し、ナチュラルな口元を作り出すことができます。

さらに、現在の合ってない入れ歯により、歯ぐきに傷が付き、腫れている場合もございます。

そういう時も、リハビリ用入れ歯にお口元の噛み合わせや筋肉の健康状態を回復してからファイナル(最終)入れ歯を製作するので、強い痛みや不具合がございません。

3.入れ歯の材料の良さとテクニックにこだわりがある

材料にはセラミック(陶材)と硬質レジンが主ですが、当院では、お顔のイメージが合う方にはセラミックを使います。

硬質レジンと比較すると、衝撃に多少弱いのが欠点ですが、明かりに対してキレイに光沢して反射することによりまして、見た感じが非常にナチュラルでキレイで美しく出来上がります。

実は、セラミックの歯は、口紅が付きにくいとい長所もあります。女性の方にはたいへん喜んでいただいております。

自費の入れ歯の人工歯の色のサンプルは、多数ございます。

数種類の色の人工歯を、歯の位置より使い分けることがあります。

このテクニックは歯並び全体の調和を図り、ナチュラルな色合いを出す高度な方法です。

また、お顔立ちにより、どうしてもご本人に合う人工歯がない場合は、歯科技工士により1本1本手作りで製作していきます。

また、「口紅が自分の歯につくことが少ない」というのは、入れ歯の人工歯の素材だけではございません。

「口紅が自分の歯に付きにくいように、解剖的に考えて、入れ歯の人工歯を並べていく」というテクニックがいるのです。

当院はその解剖学に基づき、入れ歯を歯並びからキレイで美しく、快調に使用していただくために、歯を並べていきます。」

歯科医師と歯科技工士が一体になり、様々なケースに対応します。

入れ歯を作るにあたり、「昔のように...」という願望ばかりではございません。

「以前よりもっと白い歯にしたい」「以前よりも歯並びがガタガタでなくキレイで美しく、この女性タレントのような歯並びにして欲しい」と熱望する方もいます。

当院では、出来る限り、患者様の希望に応えるように、様々なケースにも対応するようにしています。

例えば、元の歯の並びが、アントニオ猪木さんのように反対咬合のように見えた方が、入れ歯のリハビリ治療を行った後、最終入れ歯を製作したのですが、蓋を開けてみたら、正常咬合に変化したこともございます。

総入れ歯ばかりではありません。部分入れ歯もきちんと対応いたします。

入れ歯の修正については、歯科医と歯科技工士が一体になり、詳細な修正を丁寧に行います。

時折、患者様と診察室にて、歯科医師の指示のもと、歯科技工士が立ち会いを行い、修正することもございます。

このように確実なテクニックと経験の蓄積により、患者様に納得いただける入れ歯の修正をして行きます。

キレイで美しく使ってもらう

1.アンチエイジングも考えています

当院の入れ歯は、入れ歯を使用している女性の方々が不安にならないように、きちんと審美に気をつかっております。

そして、審美にこだわりがあるのは、「ご高齢になってもキレイで美しいお口元は、どういったものなのか」を日々研究していかなければなりません。

そのため院長はアンチエイジングについても勉強会にて学んでいます。

また、機能的なのは当然のこと、歯並びがガタガタでなく見た目にも素晴らしい入れ歯を製作するために、「キレイで美しい笑顔」が分析できる理論を構築しております。

当院の入れ歯を製作している方々、特に女性の患者さまより「人様の前に出ても、全然気づかれませんよ」「大口を開けて笑えるようになりました」といった、様々なありがたいご報告を頂くようになりました。

2.リハビリ用入れ歯はお口元の周り(表情筋のトレーニング)にも役立ちます

お口元周りには、食事をするために使う咀嚼筋群、笑顔でお話するときのお顔の表情をあらわす表情筋群という数多くの筋肉がございます。

ですが歯がなくなるとお食事をしなくなり噛まなくなります。

そのままで生活していると、お口元の筋肉の動きが、だんだん機能しなくなります。

入れ歯をきちんと製作することにおいて、必要なのは、食べ物を食べたり、きちんとお話するために、お口元の周りの筋肉のバランスが大切になります。

歯並びがキレイで美しい入れ歯を手に入ったとしても、表情筋が動いてないのでは、自然な笑顔にはなりません。

そこで、リハビリ用入れ歯による治療の中で、筋肉のリハビリや訓練も行います。

入れ歯のリハビリなどで、お口元の周りの筋肉が活発化されると、自然に入れ歯が安定していきます。

そのリハビリの中で、笑顔で会話をしたりすると、ドンドンお口元の動作が流暢になります。

ズバリ、健康美ですよね。リハビリ用入れ歯により作り上げてきた快適入れ歯と、その結果、蘇った表情筋の筋力アップで、再びキレイで美しいお口元を取り戻しましょう。

見た目のキレイで美しい入れ歯をつくります!

人工の歯、歯ぐきの色などを、より歯並びのナチュラルな形態を、最高なものに仕上げます。

義歯の見た目はリハビリ時に、お話する時のお口元の動作を注視します。

自然に笑う姿を見て、前歯の見え方を確認します。

無料入れ歯お悩み相談会