福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

なぜ保険の入れ歯は噛めない場合があるのか?

なぜ保険の入れ歯は噛めない場合があるのか?

『国民皆保険制度』が設立されてから半世紀を迎えました。

この間、保険料を支払う年齢層も高齢化し、若い世代の人々にも保険料を負担できない割合がかなり高くなっています。

病気になって医療費がかかる方が増える一方で、全体の保険料収入が減少しているのが実態です。

健康保険では、満足できる入れ歯ができないのでしょうか?

とても答え難い質問です。

医学的見地から、一般的にこれだけの治療が行われれば食事をとるのに差し支えないだろうと考えられる歯科治療は、ほとんど健康保険の適用になっています。

急な歯痛・虫歯の治療・入れ歯などは、ほとんど保険の適応になっています。

健康保険は病気になったら、その治療をするために日本国民が等しく同じレベルの治療を受けられるようにするために設けられた制度です。

言い換えれば、健康保険証を医療機関に提示した段階で、ある意味で同じレベルでの治療を受ける事に同意したとみなされます。

この『ある意味で同じレベルでの治療』の基準で作製された入れ歯を、皆さんが『満足できる入れ歯』と判断なさる事が出来るかという事になります。
(まぁ、保険の入れ歯に納得されておられないので、このページをお読みになっておられるのでしょうが・・・)

さて、保険治療の財源は、皆様が支払われる保険料と公的資金の補助でまかなわれており、実際問題として限界があります。

ですから、この制度を維持してゆくためには、極限までコストを抑え、医師の技術料を最小限にまで抑えた規格診療にならざるを得ません。

コストを極限まで抑え、歯科医の技術料を最小限に評価し、ある決まったパターンの規格診療で作られた入れ歯とはどのような入れ歯になるのでしょう?

とにかく無駄(技術的には必要不可欠であっても、それがなくても一応の形だけは整う技術や材料)を全てはぶき、一番低コストで入れ歯を作らなくてはなりません。

たとえば、今皆さんが見つめているパソコンを考えてみましょう

新品の価格が1万円台のものから、30万円を超えるものまでさまざまです。

30万円を超えるパソコンにはCPUも高速に対応したものが内蔵されており、ハードディスクも大容量、メモリも標準で8GBのものが装着されているでしょう。

ディスプレイも細かな画像がなめらかに描写されるように作られた解像度の高いものが装備されていると思います。

当然、複数のアプリケーションソフトを同時に起動しても、パソコンの動作速度は全く落ちず、ストレスなく快適に短時間で仕事をこなす事が出来ます。

一方、新品の価格が1万円台のものは、CPUの種類・ハードディスク容量・メモリ容量・ディスプレイの解像度等は、全ての合計が1万円台に収まり、かつ企業に利潤が少しでもあるように組み立てなくてはなりません。

当然、スイッチを入れてから使用できるまでかなり時間がかかります。

ソフトを起動させようとしても時間がかかり、動作速度も鈍く、しょっちゅうフリーズを起こし、貴重なデータが一瞬にして消えてしまう事もあります。

それでも、一応形だけはパソコンですし、パソコンとしての基本的な機能を果たす事は出来ます。

ただ、使用している間には時間のロスが大きく、色々と細かい気配りをしながら使用し、フリーズ等のトラブルに神経をとがらせないと、データが一瞬にして無くなる等の不都合は覚悟しなければならず、ストレスが溜まり、作業効率は低く、疲れます。

パソコンと入れ歯を比較する事は適切ではないと思いますが、価格の違いが性能に影響を及ぼす事は、我々の生活の中で沢山ある事なのではないでしょうか?

しかし、我々はこの世界に誇る事の出来る日本の健康保険制度を、是非守り、次の代へと引き継いでゆかなくてはなりません。

そのためには、歯科においては使用材料・技術にかなりの制約をもうけてコストを引き下げる必要があり、歯科医が十分に満足できる治療が出来ない事があるのも事実です。

しかし、歯が抜けた後の状態や入れ歯を作るのに噛みあわせの良い状態の方は、健康保険で作成した入れ歯で毎日の食事をきちんと咬んで食べられる方もおられます。

健康保険の義歯は出来るだけコストを抑え、歯科医師の技術料を最小限にまで抑えた規格診療であると述べました。

私は、歯は人体の臓器の一部という考え方が適切だと考えています。

当然、『入れ歯』は失ってしまった臓器に代わる人工臓器、しかもその本来の機能を出来るだけ忠実に再現したいものです。

失ってしまった臓器に代わる人工臓器といえば、義眼や義足を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

義眼では物を見ることは出来ません。多分義足を使って走る事はかなり難しい事だと思います。

義眼の価格は10万円前後から、義足の価格は50~100万円程度という話を聞いた事があります。

こういった特殊な人工臓器を作るのには私には想像もつかない高度な熟練と技術がある事と思います。

でも、それでも義眼では物を見ることは出来ませんし、義足で歩行や走るといった動作にはぎこちなさが伴う事になります。

皆さんが『入れ歯』という人工臓器に求める条件は

よく噛める事
噛んでも痛くない事
食べ物の味ができるだけ変わらない事
発音が歯がそろっていた頃とほとんどかわらないように出来る事
自分の口に入れ歯が入っていることを他人に悟られない用にしてほしいという事

沢山ありますよねでは、

もし皆さんが歯医者さんなら、こんな条件を出来るだけ沢山兼ね備えた義歯を作るとしたら『いくら』が適切な価格だとお考えになりますか?

皆さんがもし歯医者さんなら、歯がなくなってしまったはぐきは実に色々な形態をしています。

骨が薄い場所、逆に骨が出っ張った場所がありますので、歯の型は出来るだけ正確にとらなくてはなりません。

噛みあわせは三次元的に的確に設定しなくてはなりません。

出来るだけ美しい歯の配列にしてあげたいと考えます。

噛んだ時、軟らかい粘膜が出来るだけ痛くない様に作りたいと思います。

そして、出来るだけ長持ちする、気持ちの良い入れ歯にしてあげたいと思います。

では、健康保険の現実に戻りましょう

私たち歯科医師が、総義歯をひとつ作製した場合、作り方にもよりますが、健康保険から約4万円から5万円程度の診療報酬が支払われます。

その内、約7~8割は歯科技工士さんの取り分となります。

設計をしたり、型をとる、噛みあわせを取る、試適をしてみる、技工士さんに指示書を書く、これに伴い、歯科医院では、受付、衛生士さんたちが皆さんに出来るだけ気持ち良く治療を受けてもらえるように、気をつかいながら毎日一生懸命働いています。

器具の滅菌の費用もかかります。

これらの人件費や材料代、設備費の償却を差し引いて、歯科医院に1円でも多くの正当な利潤が得られるような工夫が必要になります。
・・・・・これは事実上不可能に近い部分があり、現実には赤字になってしまう場合も多いのです。

これが、義歯は歯科の『不採算部門』と呼ばれる由縁です。

それでも、福岡の真面目な歯医者さんは一生懸命良い義歯を作ろうと努力なさって頑張っていらっしゃいます。

もちろん、全国に沢山いらっしゃる真面目な歯医者さんも同じです。

さらに、出来上がってお口の中に装着された義歯は、慣れるまでに、最低でも4回程度の調整が必要であるというのが、歯科界での常識です。

現実には、歯医者さんで入れ歯を作ってもらった。
痛くて、気持ち悪くてかめない。
使わない。
6ケ月たったら、別の歯医者さんに行って、同じ健康保険内の技術で入れ歯をつくってもらう。
痛くて気持ち悪くてかめない。
使わない。

を繰り返して、多くの義歯のコレクションを持っていらっしゃる方が多いというのが現実です。

それでは、どのような状態なら『入れ歯のコレクション』をしなくて済むようになるのでしょうか?

ここで、一例として健康保険の入れ歯と自費の義歯を比較してみましょう。

  保険の入れ歯(義歯) 自費の入れ歯(義歯)
人工歯の色・形の種類 少ない 多い
床の種類 少ない 多い
部分入れ歯の固定方法 簡単な維持装置のみの設計 多数の設計が可能
製作にかかる工程数 少ない 多い
装着した違和感 比較的少ない 少なくできる
入れ歯の強度 若干劣る 優れている
密着度 歯の動きを想定できてないので隙間が生まれ、空気がはいり入れ歯がはずれやすく安定しない。 リハビリ用入れ歯にて、歯の動きを想定し精密な型をとり、調整を繰り返す。
その結果、密着し外れにくい入れ歯を実現できます。
噛みあわせ 患者様の一人一人にあった噛みあわせまでは、考えられておらず、不具合を生じやすい。 精密に入れ歯治療の中で顎の運動記録して作製するので、実際に噛んだときに限りなく自分の歯に近い理想のかみ合わせを可能にします。
発音・審美 サイズまで考慮されていないため、見た目は希望どうりにはいかないし、上手くしゃべれないことがある。
口が開けられないなど問題ある場合があります。
口の動きを想定して作られてませんので、発音した際に外れやすいこともある。
発音しやすいように、リハビリ用入れ歯にて見た目チェック、お口のサイズを測って確認しながら、作製します。
一般歯科と入れ歯専門 入れ歯の素材に費用がかかる。
(金属床 軟質レジンなど)
入れ歯作りの行程方法論というところに費用を注ぐ歯科技工士立ちあい型となり、細かいことも伝えることも可能。
つまり本当に個人に合った理想の入れ歯作りを実現できます。
型取り方法 普通に印象材にて、型取り。
(噛む力がかかっていない)
リハビリ用入れ歯にて、噛む力を利用して入れ歯の中に型を取る薬を入れて、お食事をしながら、歯ぐきの型どりをします。
つまり、実際の使用感をそのまま反映した精密入れ歯をつくることが可能になります。
治療期間 1ヶ月~1ヶ月半くらい、大量に効率よく作るかを、第一の目的としています。 早くて、3ヶ月、長い方で8ヶ月くらい。
非常に丁寧に手間をかけて作っているので、保険の入れ歯の何倍も違います。
急いでもこのくらいの期間が必要です。
メンテナンス 痛い、外れた、噛めないなど不満が起こります。
その都度通院して調整しないといけません。
通常の使い方をしていれば、アクシデントはおこることは少ない。
年に1回ほど、確認のため来院いただく。
素材・加工 保険の入れ歯の素材は変形が起こりやすい。 入れ歯の素材を固くするため、圧力加工を施します。

福岡入れ歯専門研究所では、最善の入れ歯を制作するに先立って、全ての患者さまに『治療用義歯』を作成します。

自費治療の入れ歯の欠点は、ほとんどの場合

価格が高い。
作成のための来院回数が増え、最終的に入れ歯が出来上がるのに期間がかかる事も珍しくない。
入れ歯の種類、材料によっては、丁寧なお手入れや管理、修理が必要。

という事です。

しかし、上の表の入れ歯の特徴を見て頂くと、皆さんの不満に思われている状態がかなり改善されているのがお分かりと思います。

実際、この自費の入れ歯(精密入れ歯)は当院でも作成頻度が高く、場合によっては患者さんが入れ歯を入れている事を忘れている事があるとおっしゃるくらい、お口に良くなじんで、使いやすい入れ歯です。

このような入れ歯が健康保険で作製出来たら『入れ歯のコレクション』などする必要もなく、快適に使用して頂けます。

しかし、これが実際問題として財政上の都合で実現出来ない事はとても残念な事です。

その結果として満足できない入れ歯を生み出しているのが現実です。

健康保険で入れ歯を作った、しかしんいくら調整しても満足できる状態にならない。

それでは、6ヶ月過ぎるのを待って、別の歯医者さんで健康保険の入れ歯を作ったとして、皆さんが満足できる入れ歯になると思いますか?

健康保険の義歯は出来るだけコストを抑え、歯科医師の技術料を最小限にまで抑えた規格診療で、どこの歯医者さんで作っても同じ『規格診療』で作られた入れ歯になります。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20150211/index.html
2/11 ためしてガッテン<歯が抜ける!30代からの悪性虫歯&入れ歯の新常識>

という番組が反響を呼んだのは、皆さん良くご存知の事と思います。

これは歯科医師だけの問題なのでしょうか?

患者さんが真面目に治療に通わなかったのが悪かったのでしょうか?

それとも・・・・・・・・

いずれにしましても、今後国の財政状態はますます悪化し、医療費削減の名の元に、診療報酬はさらに抑制されたものとなってゆくでしょう。

その時、入れ歯を入れなくてはならない皆さんは、どのような選択をされるのでしょうか?

無料入れ歯お悩み相談会