福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

なぜ保険の入れ歯は噛めない場合があるのか?

なぜ保険の入れ歯は噛めない場合があるのか?

『健康保険制度』が始まり、50年以上たちました。

患者様もますます高齢化し、若い人々にも保険料の負担が厳しくなっております。

医療費がかかる患者様が増える一方、国の保険料収入は少なくなっているのが現実です。

保険治療では、満足できる入れ歯がつくることはできますか?

とても難しい質問ですよね。

医学的に見ても、保険治療で入れ歯を作っても、食事をするのに問題ないだろうと思われる歯科治療は、健康保険の範囲になります。

歯の痛み・虫歯治療も、保険治療の範囲になります。

保険治療は病気になると、国民が全国同じレベルの歯科治療を受診できるようにするための制度になります。

つまり、健康保険証を作ると、同じレベルでの歯科治療を受診することに同意したことになります。

ある意味『同じレベルでの歯科治療』と思われて作った入れ歯を、患者様すべてが『満足できる入れ歯』と思うことができるかという意味となります。
(しかし、保険の入れ歯に満足していないので、この文章をお読みにくださっているのでしょうけど・・・)

さて、健康保険の財源は、国民からの保険料と公的な資金から賄っています。現実的にも、限界がございますよね。

ですので、国民健康保険制度を維持するためには、可能な限りコストを抑制し、医院の報酬を最小限に抑えての規格的な歯科治療になりますよね。

コストを最小限に抑制し、医院の報酬を極限に低く評価して、パターン化したの規格的な歯科診療で作成された入れ歯とはどんな入れ歯ができるのでしょうか?

なんとしても、無駄(技術的には必要と気づいていたとしても、たとえ、その入れ歯治療のテクニックがなかったとしても、一応の形が整う歯科治療)を、省きコストをかけずに入れ歯を作らなくてはいけません。

例を見ていきますと、現在、皆様が使っているパソコンを見て考えましょう。

パソコンはが2万円台から、40万円くらいのがあったり、たくさんの種類があります。

40万円クラスのパソコンには高速対応なものになり、ハードディスク、メモリも標準も高品質なものが入っているでしょう。

ディスプレイもクリアな画像で、解像度も高度なもの装着されてます。

もちろん、複数のソフトを同時起動したとしても、パソコンの動作速度は衰えず、ストレス感じず、短時間で快調なお仕事が出来るのです。

一方、価格が2万円台のものは、ハードディスク・メモリ容量・ディスプレイの解像度は、全てが2万円の内容になり、かつ会社ににメリットがあるようには見えません。

当たり前ですが、スイッチを入れて、パソコンが使えるまで起動時間かかり過ぎます。

パソコンを起動時間しても時間だけかかり過ぎて、速度も遅く、いつも動かないことがあり、大事なデータが消えて無くなる場合も考えれます。

しかし、一応、パソコンです。当然ですが、ベーシックな機能はあるのはあるのです。

ただ、使っている間の時間のロスが多い、常に細かく注意しながら使い、フリーズすることに神経を使います、データが消失する不具合は当たり前、多くのストレスが出てきて、作業効率は悪くなり、疲労困憊になります。

パソコンと入れ歯を比べることは難しいですが、価格帯の相違が機能に影響が出てくることは、私たちの日常生活ではたくさんあると思います

しかし、私たちはこの健康保険制度を、しっかり次の時代へ引き継ぎ、守っていかないといけません。

だが、歯科の保険治療では、歯科材料・技術のコストを引き下げる、つまり、歯科医師が納得できる歯科治療ができないのも現実あります。

しかし、抜歯した後の状況が良好だったり、入れ歯を製作するにあたり、噛みあわせの問題ない方は、保険の入れ歯で日々の食事が出来ている患者様もいます。

健康の入れ歯は可能な限りコストダウンしたり、歯科医の診療報酬を最小限に抑制した、規格的歯科診療だとお話ししました。

私は、歯は、人体の臓器の一部と考えています。

まさしく、『入れ歯』は失った臓器に代用する人工臓器、しかも、その本来の臓器としての役割を十分に果たしたいものです。

失った臓器に代用する人工臓器と言いますと、義眼や義足をイメージができるのではありませんか。

義眼は物を見たりすることはことはできません。また、義足を使い走るのは、とても厳しいのではないでしょうか。

義眼の費用ございますは8万円くらいから、義足の費用は40~120万円程くらいと知人から話を聞いたことがございます。

このような人工臓器を製作するには、私には考えられないハイグレードな技術が必要です。

でも、それ義眼では物を見れませんし、義足は走るという動きには、ぎこちなさが出てくることになります。

皆さんが『入れ歯』に求めている人工臓器に期待していることは

しっかり噛めること
食事して噛んでも痛みがないこと
食物の味が可能なかぎり変化がないこと
発音(おしゃべり)が歯があった頃と同じくらいに戻れること
入れ歯が入っていることを他人にをわからない様にしてほしいということ

などなど、たくさんありますよね。

もし皆さん歯科医院の院長だったら、これだけの治療技術内容の濃い入れ歯を製作するなら『いくら』が適正な費用とお考えですか?

実は、歯が失った歯茎は様々な形状をしております。

骨が薄い部位、骨が飛び出ている部位がございますのが、歯型は正確に取らないといけません。

噛みあわせはしっかり確立しなくてはいけません。

患者様のお気持ちを考えながら美しい歯に並べ替えなければと感じてます。

お食事をした時、歯茎が痛くないようにに作ってあげたいと考えます。

そして、長く使える、快適な入れ歯にしょうと考えてます。

では、保険治療の現実を振り返りましょう

歯科医が、総義歯を作った場合、製作方法によりますけど、健康保険から3万円から6万円くらいが支払があります。

その中で、8割くらいは歯科技工士さんの技工料となってます。

設計を考えたり、型取り、噛みあわせを見る、仮合わせをする、技工士に指示をする。その他、歯科医院では受付、衛生士などスタッフが患者様に気持ち良く歯科治療を受診してもらえるように、気をつかい、日々懸命に頑張ってます。

器具滅菌の経費がのしかかります。

上記のように人件費や技工代や賃料や医療機器の償却を含めて引いても、多少たりとも利益が得られる方法を考えなければなりません。

実際には、難しい部分があり、赤字になることも多いのです。

つまり、業界では、入れ歯治療は歯科医院の『不採算部門」と呼ばれています。

福岡の頑張っている歯科医師は良い入れ歯を作ろうと努力しています。

もちろん、全国各地にも真面目に頑張っている歯科医師も同様です。

さらに、完成した入れ歯は、5回以上の入れ歯の調整をしていくのが、業界の常識になります。

実際は歯科医院で入れ歯を製作した。

入れ歯が痛くて、吐き気がして、不具合悪くかめない。
問題多すぎて使えない。
半年過ぎると、他の歯科医院に行って、同じく保険内の入れ歯を製作してもらう。
再度製作しても、入れ歯が痛くて、不具合が多くて噛めない。
また、入れ歯が使えない。

を繰り返し、合わない入れ歯のコレクターの患者さまが多いのが大多数です。

では、どのようになれば『入れ歯のコレクター』はなくなるのでしょうか?

ここで、一例として健康保険の入れ歯と自費の義歯を比較してみましょう。

  保険の入れ歯(義歯) 自費の入れ歯(義歯)
歯茎の床の部分の種類 数が少ない 比較的多い
部分入れ歯の固定手段 シンプルな安定装置のみ たくさんの種類の設計ができる
入れ歯製作での工程の日数 製作日数は比較的少なめだが精度が悪い 保険治療より日数がかかるが精度はよい
入れ歯をつけたあとの違和感 個人差があるが違和感あり 保険治療より違和感少ない
入れ歯の固さ やや劣ります 強度がある
入れ歯の密着感 しっかりとした入れ歯の型が取れていないので隙間ができやすく、入れ歯内面に空気がはいりやすく、入れ歯がはずれるようになり、安定感がない。 治療用入れ歯にて、精密な型をとっていきながら、入れ歯調整をしていきます。
この精密入れ歯治療することにより、入れ歯密着していき、安定した入れ歯が出来上がります。
咬合関係(噛み合わせ) 患者さんの個々に合う、噛みあわせを、考えて作られていませんから、入れ歯不適合になることもある。 当院の入れ歯治療の中で顎の動きも考えながら作りますので、しっかりお食事ができ、より自身の歯に近く、イメージどうりの噛み合わせを現実にしていきます。
しゃべりやすさ・見た目 人工歯の大きさまでを考えていないため、見た目はイメージどうりにはいきませんし、上手くしゃべれないことがある。
口が開けくく問題でるケースがございます。
口の動きを想定して作られてませんので、発音した際に外れやすいこともある。
しゃべりしやすいように、治療用入れ歯にて見た目や発音の確認を行う、歯のサイズも見ていきながら、製作致します。
普通の歯科医院と入れ歯専門歯科医院 入れ歯の材料に治療の料金がかかる。
(金属床 ノンクラスプデンチャーなど)
入れ歯製作工程に対して、治療の料金がかかる。歯科技工士も現場に立ちあい、入れ歯の細部までこだわりをもって製作する。
つまり、個々に合う、精度のよい入れ歯作りを行っていまます。
入れ歯の型取り 入れ歯用印象材にて、型取りをします(自費治療のように噛む力は加わっていない) 治療用入れ歯にて、噛みあわせを考えながら、入れ歯の内面(歯茎)の型取りをしていきます。方法として粘膜調整剤(動的印象剤)を入れ歯の内面に塗布します。この治療は、お食事するときの噛む力を利用して精度の高い入れ歯の型取りをしていくやり方です。
つまり、実際の使用感をそのまま反映した精密入れ歯をつくることが可能になります。
入れ歯作製治療期間 1ヶ月半ほどで出来上がります、たくさんの量を作るつまり、効率よく入れ歯を作ることが、目的になってます。 早い人で、3ヶ月、長い患者様で6ヶ月以上。
とても手間暇かけて製作してますから、保険入れ歯の倍以上も異なりまます。
早く製作しても、上記くらいの期間はかかるでしょう。
入れ歯のメンテナンス 入れ歯が痛い、外れやすい、噛みにくいなど不平不満が出てきます。
問題が出てくる度に、通院してもらい入れ歯の調整をし続けます。
普通に入れ歯を使ってもらえれば、問題はおこりにくい。
稀に問題あれば、当院にご来院いただきます。

福岡入れ歯専門研究所では、最高の入れ歯を作る前には、ほとんどの患者様に『リハビリ用(治療用)入れ歯』を使います。

自費入れ歯の問題点は、

費用が高額
精密入れ歯を作るための治療期間が増加し、完成入れ歯ができるのに日数がかかることが多い。
入れ歯の高品質の素材を維持するため、しっかりとしたお手入れが必要。

などです。

ですが、上記の入れ歯の特徴を見て頂くと、皆様の不満に感じられる状況が大部分、改善していると思いませんか?

事実、当院の自費入れ歯(精密入れ歯)は精度が高く、患者様によっては入れ歯を入れているのを忘れてましたとお話してくれるくらい、お口に馴染んでらして、使い勝手のよい入れ歯なのです。

きちんと作った入れ歯が保険で作れたら『入れ歯のコレクター』になる必要はなく、快適に使ってもらえます。

しかし、このことは現実的に国の財務的な事情で実現不可能なのは、非常に残念です。

その事情で、不具合な入れ歯が全国的に広がっているのが事実です。

保険で作った入れ歯を、どんなに調整しても満足できません。

その後、半年待って他の歯科医院で保険の入れ歯を作っても、皆様が満足いく入れ歯になるでしょうか?

保険の入れ歯は可能な限りコストを抑制し、歯科医院の診療報酬を限界まで抑えた規格的歯科治療で、色々な歯科医院で作ったとしても同様な『規格的歯科治療』で作製した入れ歯にしかなりませんよね。

2/11 ためしてガッテン<歯が抜ける!30代からの悪性虫歯&入れ歯の新常識

という番組にリアクションがあったのは、皆様よく知ってらっしゃることと思われます。

このことは歯科医院だけの問題になりますでしょうか?

患者様が定期的に歯科治療に通院しなかったのが悪いのでしょうか?

それ以外かもしれません・・・・・・・

いずれにしても、この先、国の財務状況はドンドン悪くなり医療費削減が進み、健康保険の診療報酬はもっともっと抑えられていくでしょう

その時が来たら、入れ歯を作らないといけない皆様は、どんな選択をしなくてはならないでしょうか。

無料入れ歯お悩み相談会