福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

女性のために美しく奇麗な入れ歯を

2017-02-06

入れ歯ではなく、自分の歯で過ごす方が良いことは当然です。

日本でも、80歳まで自身の歯を20本以上残しましょういう『8020運動』の運動によって、高齢の方々もご自身の歯が残すことが可能になりました。

 

 

しかし、自分の歯が残ってても、虫歯だらけや歯周病や銀歯だらけ、そして悪い噛みあわせや悪い歯並びの状態では、自身の歯が残っているだけでは、素晴らしいとは言えませんよね。

また、部分的に歯が抜けたままの状態で、そのままの噛みあわせのまま食事をしていると、残っているご自身の歯に負荷がかかってしまい、その結果、大事な残っている歯が抜けてしまったりもします。

 

 

部分的に歯が抜けたままで、『入れ歯にするのはかっこ悪いなあ』と思い、そのまま放置しておくのもよろしくありません。

 

 

やむを得ず歯が抜けてしまった方でも、咬みあわせや審美性(美しさ)を兼ね備えた入れ歯であれば、何も恥ずかしい事はございませんよ。むしろ、美しく奇麗な歯並びや噛みあわせを取り戻すことができるのです。

 

 

当院は審美性の高い美しい入れ歯も製作可能です

 

 

 

『入れ歯』は見た目が恥ずかしいとか、『入れ歯』は見た目がかっこ悪いし。

 

 

そういう風なイメージをもつ必要は、決してございません。

今からでも、美しく奇麗で機能的にも優れ、美味しい食事、楽しい会話を現実にすることの出来る入れ歯もあります。ぜひとも、当院にお気軽にご相談ください。貴方の理想を叶えてみませんか?

 

無料入れ歯お悩み相談会