福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

介護とインプラント

2016-05-17

こんにちはです。

 

 

さて、今日のテーマも入れ歯ではなく、またまた「インプラント」です。

それでは早速、

 

「インプラント」 「介護」

 

この2つの語句を入力して検索してみてください。

 

 

何やら怖くなる結果が表示されたと思います。

介護の現場では、感染源となる歯は抜くことができ、入れ歯は外すことができても、インプラントだけは簡単に外すことも抜くこともできないという状況に苦慮しているようです。

 

私自身は、インプラント治療そのものが悪いものとは思っていません。むしろ、入れ歯ではとても太刀打ち出来ない素晴らしい結果をもたらしてくれる場面が多々あります。

 

当院でも患者様の希望を聞いた上で入れ歯による治療よりもインプラントによる治療の方が妥当であると判断されれば率直にインプラント治療をおすすめしています。

 

しかし、将来のことを考えると「外すことのできる」入れ歯に多くの利点があると感じています。

しっかり噛めて食事を愉しむことができるという点では、当院で製作する入れ歯に関してはインプラントに引けをとらないものと自負していますが、安定感や違和感に関してはインプラントが勝ります。

これは否定出来ない事実でしょう。

 

でも、将来に渡って長い目で見てみれば、その時の患者様の状況に合わせて取り外しや作り替えができる、入れ歯による治療も大変優れているのです。

ただし、きちんと噛める入れ歯であることが大前提ですけどね。

 

最終的に決断するのは患者様御自身ですが、各分野の専門家に意見を求めることを強くおすすめします。

 

入れ歯に関するご相談は博多プライベート歯科までどうぞ

無料入れ歯お悩み相談会