福岡市博多区の精密入れ歯・義歯の相談は博多プライベート歯科運営の福岡入れ歯専門研究所へ博多プライベート歯科運営

義歯ブログ -BLOG-

噛むことと認知症との関連性

2016-02-15

健康な歯があれば硬いモノや線維性のモノ、歯応えのあるモノ何でも嚙めます。
いつもお話している事の重複になりますが『嚙む事は健康への入り口です。』

歯を失ってしまったのに歯の代わりとなるモノを補っていない。
または入れ歯が合っていないなど不具合のままにしている。
悪い環境のままにしていると今後、どうなるかをお話していきたいと思います。

歯がある人はしっかりと嚙むと歯と骨の間の組織である歯根膜が感知して
脳に刺激を与えます。
歯を失うと、この歯根膜もなくなり刺激は脳に伝わりません。
しかし、歯に代わる入れ歯やインプラントで欠損を補いしっかりと嚙む事が出来ると
また歯があった頃のように脳が活性化されます。

入れ歯やインプラントをただ入れれば良いのではなく左右バランスよく
トラブル無く嚙める事が重要です。

合っていない入れ歯は嚙めません。お痛みや嚙み切れない、力が出せなくては
意味がありません。

またメンテナンスを怠ったインプラントは虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。
歯周病は皆さんもご存知の通り、歯がグラグラしてやがては骨から抜けてしまう怖い病気です。

インプラントも骨に埋まっていますのでしっかりとケアをしなければ同じ事になる可能性があります。

歯がなくなり歯の周辺の神経等を失い脳が刺激されなくなる。
脳が刺激を受けないと脳の病気、認知症の心配があります。

認知症と嚙むことの関連性については、最近のテレビや本でよく取り上げられている
事でも分かるとおり研究から解明されつつあるお話です。
『嚙む事で脳(海馬)が刺激される』
海馬は記憶や情緒と深い関係があり海馬性健忘は活性が低下するために
起きる記憶の低下だそうです。

最近、物忘れが多くなった。と、感じた時はご自分のまたはそのご家族は
お口の健康を意識してみてください。

アルツハイマー型認知症。
記憶や思考能力がゆっくりと障害され最終的には日常生活の最も単純な作業を
行う能力さえも失われる病気です。
アルツハイマー型認知症の方のお口を調べてみると歯がなくなり長期間にわたって
よく嚙んで食べていなかったと、思われる方が多かったそうです。

嚙む事はリラックス効果もありストレス解消にもなります。
野球選手がよくガムを嚙むことで何となく知っていますね。

当院の患者様もアルツハイマーの予防をされている方がいます。
物忘れが多くなってきたのと入れ歯の不具合が同時期だと皆さんお話されます。

正しいお口の中を取り戻し老化だと悪くなるのを待たずに
積極的に取り組みましょう!

無料入れ歯お悩み相談会